世の中未だに猫ブームが続いているようです。本当に猫が好きな飼い主さんなら問題はありません。しかし、安易な気持ちで猫を飼い始めた方、猫のブラッシングを怠ると、後で大変な事になりますよ。ほんとうに猫の抜け毛の量は凄いです。わが家のキジトラ様は短毛種ですけど毎日気が抜けないほど毛が抜けまくっています(笑)。

猫の抜け毛をなめてはいけない

2016-07-10 猫の毛にまみれたクッションのアップ写真

夏になると猫の毛は抜けます。毎日、メッチャ抜けます。その毛は空気中を漂うのが見えるほど。空気清浄機があればフィルターの取り換え時に見ると猫の毛の凄さが体感出来るでしょう。エアコンも同じ。フィルターと名の付くもの全てを見れば猫の抜け毛の凄さが理解出来ます。

世界的に禁煙ブームですよね。タバコの煙は肺に悪影響を及ぼします。吸うよりは吸わない方が健康の為です。それと同じく、空気中を漂う猫の抜け毛。人間の肺に溜まって病気の原因になる事もあるそうです。そこで猫の抜け毛対策が必要となるのです。面倒だとか何だとか言う暇があるのなら、猫の背中のブラッシングをした方が健康の為ですよ(笑)。

猫の抜け毛対策は、小まめな掃除とブラッシング以外に無し

2016-07-10 猫の毛にまみれたクッションをノミ取りクシで掃除

猫の抜け毛対策として、もっとも一般的なのは、家の小まめな掃除と毎日のブラッシング。これに尽きます。嫌でも毎日抜ける猫の毛。だったら、諦めて毎日の掃除とブラッシングで解決した方が気が楽です。家も猫も綺麗になりますからね。

部屋の掃除のコツと手順

その掃除にもチョットしたコツがあります。掃除の前に霧吹きを2~3回、天井に向かって発射します。猫の毛は空気中を漂っています。まずは、霧吹きの水分で床に抜け毛を落とします。その後、はたきで部屋の上部の抜け毛を落とします。

後は掃除機で抜け毛を吸い込みます。掃除を使う際、掃除機のお尻から空気が噴き出すタイプの場合、掃除機を持ちあげて掃除しましょう。

猫のブラッシングのコツ

2016-07-06 猫を自転車の前カゴに乗せて頭をブラッシング

私の場合、部屋の中でブラッシングをすると、掃除した部屋がまた抜け毛まみれになるので外でブラッシングを行います。

全てが効率的!わが家の猫のブラッシング法はコレ

詳しくは上記のページでご覧いただくとして、屋内での猫のブラッシングのコツもやっぱり霧吹き。猫の毛を濡らす事で、空気中に漂う猫の毛の量が大幅に減少します。猫の抜け毛は毎日のトリミングが一番効果的。

でも、一気にどうにかしたい方は、猫のシャンプーが効果的。私の愛猫はお風呂に入れた事がありません。ですから、この方法は避けています。しかし、定期的にお風呂に入っている猫ちゃんなら安心してシャンプー出来ますね。

猫ちゃんにシャンプーする時、シャンプーは猫専用のものを使って下さい。猫用と人間用とでは成分が違います。人間には良くても猫には刺激が強い事もあります。猫の皮膚炎などを発症する原因にもなりかねませんので注意が必要です。

猫の抜け毛対策まとめ

2016-07-09 クッションを毛みれにした猫

今回記事に書いた猫の抜け毛対策は、そのまま猫ノミ、猫ダニ対策にも繋がります。すなわち、猫ノミ対策と抜け毛対策は同じなのです。部屋の掃除と小まめなブラッシング。これが、猫の抜け毛とノミ・ダニ対策となり一石二鳥の方法です。部屋の状態や自分の健康よりも、猫の健康を最優先して実践すれば別に苦でもありませんよね(笑)。


<スポンサーリンク>