禁断の果実!猫の目が光る写真の撮影方法

目の光る猫の写真。

ネットの何処かで見た事がありますよね。その写真の殆どは偶然撮影されたものです。しかし、その撮影プロセスがネットで拡散された時、多くの人たちが目が光る猫の写真をこぞって撮影する事でしょう。

ですからこのページの記事の題名と予測検索キーワードは、目の光る猫の写真を撮影したい人が好むワードに絞り込んでいます。ネットで話題の猫ビーム写真。それは猫にとって非常に危険な行為です。最悪の場合、猫の目が失明する危険性も孕みます。

このページでは、猫ビーム写真の撮影方法と猫に対するリスクを多くの人々に読んで頂いて欲しくて書いています。興味本位での写真撮影を中止させる事が大きな目的です。

ですから猫ビーム写真を撮影してみたい方とって目的に添える内容ではありません。それでも最後まで読んで頂ければ、私の真意も理解して頂けると思います。

スポンサーリンク

猫ビーム写真には強い光が必要

猫ビーム写真が撮影出来る種明かしはもう少し先にして、猫の目が光る猫ビーム写真が撮影出来るのか。その原理を説明します。

どうして猫の目が暗闇で光るのか?。

それは、猫の目の中に光を反射する鏡があるからです。それを輝板(きばん)と言います。書いて字の如く、網膜を遠った光を輝かせる働きを持っています。そう、輝板で光は反射されるのです。従って、輝板に当る光量が強ければ強いほど、激しく猫の目が光ります。

我々の6倍の世界で生きている猫

外部の光が網膜を通り、その光を反射させて再度網膜に光が入ります。光は2度網膜を通る事により、暗闇でも動き回る事が出来るのです。その光は、

人間に必要な光の6分の1

で十分認識出来るとも言われています。裏を返せば猫は人間の6倍、暗がりでも見えると言う事です。暗がりに強い反面、猫の瞳は強烈な光に弱い一面を持っていると言い換える事も出来ます。

猫は我々の6倍明るい世界で生きています。ですから、お昼間は目を細くして光の侵入を防いています。もし、暗がりの中で瞳孔を開き切った猫の目に、激しく明るい光を当てればどうなるのでしょうか?。目が潰れる程の衝撃があっても不思議ではありませんよね。

猫の自動車事故の殆どの原因はヘッドライトの光

猫が自動車に跳ねられるのが多い時間帯は夜間。その大きな理由は、車のヘッドライトの光が強すぎて、その光に猫が一時的にショックを受けるのだそうです。ショックで動きが止まった猫に向かって自動車が走って来るのです。結果は書かなくともご理解頂ける事でしょう。ヘッドライトの光でさえ、猫はショックを受ける生き物なのです。

猫の目が光る写真の撮影方法

猫の子殺し

猫の目を光らせる撮影方法はフラッシュです。猫に向かってフラッシュ撮影をし、その時、猫の目が開いていて、かつ、カメラの方向を見ていれば、猫の目が光る写真が撮影出来ます。

その際、猫の瞳には強烈な光が入り込みます。仮に近距離でフラッシュをたかれたら・・・。最大限に光を取り込む体制の猫の目にフラッシュの強力な光が入り込んだら・・・。

猫+フラッシュ

この検索キーワードでGoogle検索したら、

  • 猫をフラッシュ撮影するのは危険
  • 猫をフラッシュ撮影すると失明の危険あり
  • 猫にフラッシュは危険極まりない行為
  • 猫の目にフラッシュはNG

このような記事ばかりが表示されます。ですが、このキーワードで検索した人は、少なからず猫に対して愛情を抱いている人です。一方、目の光る猫を撮影だけが目的で検索する人は、

猫+目が光る写真+撮影方法

という検索キーワードで情報を探すのが普通です。この検索キーワードには、猫に対する愛はありません。目の光る猫の写真への興味しか無いのです。

私が一番怖い事は目の光る写真の撮影方法だけが伝えられる事です。それは猫の愛くるしい写真を撮影するカメラが、猫を傷つける凶器に転ずる瞬間。

仮に、自分が大切にしている猫ちゃんの目が光る写真を撮影しようと思い立ったのであれば、この記事で十分ストップが掛かる事でしょう。

また、遊び半分で強烈な光る猫の目の写真を撮影したとしても、失明の危険性がある行為だと全ての人が知っていれば、おいそれとはブログやSNSに投稿できるものではありません。炎上するか、多くの人に警告される未来が待っているだけです。

目の光る猫の写真。

それは、偶然、神様がくれたシャッターチャンス!。何かの光が猫ちゃんに射して来た結果です。決して意図的に撮影する事の無いようにして下さいね(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク