猫の迷彩服

「じゃ~ん♪、じゃ~ん♪。」

「おやおや。似合ってるじゃないの、サヨリちゃん。迷彩服ですね。どなたから頂いたのですか?。」

クチュリエールさんからだって。OIDENYAIのおばちゃんが持って来ました。それと、改良版浴衣も一緒に。前回の浴衣の紐の部分がボタンになりました。これだと着るのが楽なんですよね。」

「ちゃんとお礼を言いましたか?。」

「ありがとニャン♪(ウィンク)」

「かわええ~。」

「ところでどうしてアーミー柄なのでしょう。でも、これは好都合です。お盆に真ん中のお兄ちゃんが帰ってきたら見せるのです。絶対、絶対、感動の嵐を呼ぶこと受け合いですから。」

「お兄ちゃんは喜ぶだろうね。お兄ちゃんと一緒に、夜のお散歩へ行ってくると良いよ。」

「お父さんも一緒に行きましょう。一年ぶりですから、去年と同じように皆でお散歩へ行きましょう。」

「そうだね。皆で行くと楽しいからね。」

「じゃぁ、これからお父さんを訓練します。ボクは司令官なので、号令に従って行動するように。行きますよ、お父さん!。気をつけッ!、休めッ!、進めッ!、なでなでッ!」

「はいはい。ご機嫌ですね。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク