猫を飼う前、猫の鳴きなど声を気にした事はありません。全部

「ニャー」

にしか聞こえませんでした。それは猫の鳴き声に耳を傾ける姿勢がゼロだったから。聞く耳を持たないものに猫が発するメッセージを聞き取れる筈がありません。

そんなわたしが、わが家の猫様(以下、サヨリちゃん)の鳴き声でカリカリを食べさせたり、お水を運んだり・・・。我ながら猫に上手に躾けられたと思います(笑)。

では、わたしは何処でサヨリちゃんの鳴き声を聞き分けているのでしょうか?。自分でも疑問に思ったので記事にまとめてみようと思います。どんなに頑張っても猫は猫。うちの子以外の猫でも同じような傾向があると思いますよ(笑)。

猫の鳴き声と、その意味

今夜の猫のご飯はジバニャン弁当ニャ♪(猫の食事)

「ゴワァ~ン」・「ゴアァ~ン」と鳴く時はご飯の催促

最初に気づいたのがご飯の要求。わたしの足にまとわりついて離れません。わたしが立ち止まるとジッとわたしの目を見て、

  • ゴワァ~ン
  • ゴアァ~ン

と鳴きます。時にはズボンにしがみ付いて。この時はカリカリというのは肌で感じていましたが、ある時、「ごは~ん」に聞こえて以来、ご飯以外に聞こえなくなってしまいました(;^_^A

今夜の猫のご飯はジバニャン弁当ニャ♪(猫の食事9)

「アッ、アッ」の時は、お帰りなさい。

  • アッ、アッ
  • ニャッ、ニャッ

と短く2回鳴くのはわたしが帰宅した時。それ以外で同じ発音をするのは、お散歩へ出かける前に1回鳴きます。お散歩直前の場合は、「早く、早く」って感じです。

2016_08_14_猫の夜散歩 (50)

「アッ!」の時は、相槌

これはご機嫌な時だけですが、サヨリちゃんに話しかけた時に「アッ」っと短く1回鳴くときは相槌。

「ご飯食べる?」

「アッ!」

「コタツつける?」

「アッ!」

まぁ、「うん」という感じでしょうか?。テンションが上がっている時は、何を言っても相槌をくれます(笑)。

2016_08_15_猫の夜散歩(縄張り争い) (9)

「シャー!!!」の時は、「ゴラァーー!!!」

猫の「シャー!!!」は、威嚇行動として有名ですね。知らない人や猫、犬などが自分のテリトリーに入ったら威嚇行動を起こします。それってどれくらいの距離?。って思われる方もいらっしゃる事でしょう。サヨリちゃんの場合ですが、視野に入ったら、

「シャー!!!」

って鳴いています。テンションが上がり過ぎてわたしに向かって、

「シャー!!!」

した瞬間、ふと我に返るのでしょうか?。気まずい空気が流れるのはお約束(笑)。

2016_08_14_猫の夜散歩 (31)

「ウォォーーーイ!、ウォォーーーイ!」の時は、わたしを探している時

「ウォォーーーイ!、ウォォーーーイ!」と鳴くのをあまり聞いたことがありません。一応、その場を離れる時は、

「おトイレ行って来ます。」

「お風呂に入って来ます。」

と声を掛けてから行くのでサヨリちゃんも理解しているのでしょう。ただ、仕事に出掛けた後に結構な確率で、

「ウォォーーーイ!、ウォォーーーイ!」

やっているみたい。嬉しいやらご近所迷惑やら…ご近所迷惑ですよね(;^_^A。以前、その声を聞いた時の鳴き声。それは、おじさんが、「おーーーい!」って奥さんを読んでいる声と同じ。もうね、俺はお前の嫁かっ!。って思いますよ(笑)。

2016_08_14_猫の夜散歩 (16)

「ゴロゴロゴロ…………………………………」の時は、まぁ、ご機嫌なのでしょう

猫ゴロゴロはリラックス状態の証。まぁ、ご機嫌なのだと思います。サヨリちゃんの場合、夏場は少な目。コタツに一緒に入っている時はずっと、「ゴロゴロ」やってます。思う存分ゴロゴロして、気付いたらいびきをかいて寝てるのが日常です(´Д⊂ヽ

2016_08_14_猫の夜散歩 (53)

「カッ!カッ!カッ」の時、意味不明

一般的に「カッ!カッ!カッ!」と鳴くときは、獲物を狙っている時とか見つけた時。もしくは、獲物が見えるのに行けない時などと言われています。ですが、わたしが目撃する場面は、嫁と離れる瞬間だけなのです。これってどうよ?。一般論として考えると、獲物って・・・・誰(笑)?。

猫の鳴き声の意味まとめ

猫を普通のPCバックに入れて移動してみた結果2

猫の鳴き声は客観的に見るとバリエーションは多くありません。また、犬のような表現力もありません。

「何も言わなくても分かるだろ!。」

猫は、昭和の亭主みたいな姿勢を貫き通します。ですから、飼い主は細かく猫の鳴き声や動きから、その意味を理解しようと日々努力します。その結果、何となく阿吽の呼吸が出来上がるのでしょう。

特に室内飼いが主流となった昨今、猫の要望がまぁまぁ理解出来る飼い主さんばかりだと思います。これから猫を飼おうとお考えでも、猫が分からないと不安を抱いているのでしたらご安心して下さい。

ちゃんと、猫がアナタを教育してくれますから(笑)。

ちなみに、写真はバッグの中に入れて家に帰ろうとした時、もう少しここに居たいと駄々をこねている時の写真です。メッチャ自己主張するでしょ?(;^_^A


<スポンサーリンク>