結局このスタイル!猫写真の著作権表記の件

愛猫の写真を知らない人に勝手に使われたらムカつくのも当たり前。他所様の写真を無断で使用する行為は違法行為なのですから。その観点から考察すると、写真のコピーライト(著作権表記)など不要であるべき。当ブログでも写真に著作権表記をしています。あれこれやって見て現在のスタイルに行き着きました。

スポンサーリンク

キジとらでの著作権表記の遍歴

猫ですが、お散歩に行きます!

これはわたしの写真です!。そんな気持ちを込めて写真に著作権表記を施しますが、この作業が思いの外面倒臭い・・・。それでも、やらないよりはやった方がよろしいかとコピーライトを付け始めた頃の写真。少しでもコピーライトを目立たせたいデザインになっています。

ロゴ

ブログオープン当時、このバナーのデザインに合わせたコピーライト表示でした。

猫の睡眠02

掲載写真も少なかった頃ですから、不足した写真は無料写真素材サイト様からお借りしました。お借りした写真には感謝を込めてサイト名を記載。

ノミ取れよ

その後、採用したのがこのスタイル。今想うとコピーライトがデカイ。

猫タワー買ってくれぉー!

面倒臭い時はこの表記で凌ぎました。2016年2月22日のブログオープンから7月の間は、この2種類の著作権表記を行って来ました。

ところがカメラが壊れるアクシデントに見舞われ、新しいカメラを選ばなくてはならなくなります。デジカメを選ぶにしても何を買えば良いのか皆目見当が付きません。そこで、写真ブログを見て回る日々が続きました。写真ブログを見ていると、ふと思う事があります。

綺麗な写真なのに、コピーライトが邪魔なんですけどぉ~。

これまで、書き手目線でコピーライトを写真に付けて来ました。視点を変えて、ユーザー目線で写真を見るとコピーライトが無い写真が綺麗に見えます。せっかくおニューのデジカメを購入するのです。ここは敢えてコピーライト無しで?。とも思いましたが、それはやっぱりアレですわ(笑)。そこで、極力地味なコピーライトを意識して現在の表記にしました。

2016-07-12-キジトラと漁港で散歩 (4)

2016-08-05-キジトラと漁港で散歩 (23)

アドレスのみの表記で出来るだけ小さく。中には透明度を薄くして透かしのようなパターンも。見る側の邪魔にならないような表記へと形を変えています。

小さなコピーライトは、そこを切り取れば使う事が出来ます。そんな懸念も正直ありました。ですが、人のものを勝手に使う人は使うし、取る人は取ります。これは、ごく一部のわずかなひとたちの悪行。なので、そんな事を気にしていても先へは進めません。

有名な猫ブログの写真を盗用したらどうなるでしょうか?。きっと、ユーザーに見破られてしまいますよね。その粋になるまで、わたしが頑張った方が近道だと思います。

という事で、今後とも「キジとら」をよろしくお願いします(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク