目の疲れを軽減!「ポメラ」を買った経緯

Amazon

パソコン画面を長時間見ていると目の疲れが溜まるばかり。お金が貯まるのは大歓迎ですが、疲れは出来るだけ溜めたくはありません。目の疲れが溜まる原因は、先ほど書いたようにパソコンの画面を長時間見ているから。しかしこのご時世、パソコンの画面を見ないと仕事にならないわけです。日常業務だけでもこの有様。ブログの更新なんて自殺行為になるんじゃないの?。そんな不安を感じていたところ、

「ポメラ使えば良いじゃん。」

友人の一言でバッサリと切り捨てられました。そっか、ポメラか。でも、ポメラって・・・何?。

※Amazonからポメラが届きました。記事内で使われる写真は購入した中古ポメラDM10です。

スポンサーリンク

ポメラDM-10、借りてみる

中古ポメラDM10 液晶画面

私にとって、ポメラを使う最大の利点は液晶画面。例えるのならば、80年代のワープロ画面のミニチュア版。もしくは、画面が大きくなったたまごっち。それとも、大きな電卓の画面とでも表現すれば良いのでしょうか?。

大きいとはいえども、大画面に慣れ切った私にとって、こんなちっちゃな画面で文字が入力できるのか?。また、逆に目が疲れるんじゃないのか?。そんな疑問ばかりが浮かびます。その胸の内を友人に伝えると、

「じゃ、使ってみれば?。貸してあげるし。」

メッチャデジタルな回答有難うございます。いきなり購入するのも不安なので、そなたのポメラを試しに使わせて頂きます。最新のポメラには、最新のDM-100から始まり、DM-25、DM-20、DM-10、DM-5と様々な機種が存在ます。私が借りたポメラはDM-10という機種。友人曰く、

「辞書はアホやから、どれでも同じ。」

という事です。ちなみに、DM-10は生産が終了しています。

ポメラは何も出来ません

中古ポメラDM10

友人の大きなバックの中から出て来たポメラ。第一印象は小さいの一言。そして軽い。液晶画面と一体化しているフタを開けると、キーボードが二つ折りになって収められています。

中古ポメラDM10 オープン

キーボードの横にあるボタンを押すと、カチっという音と共にキーボードが広がります。タブレット用の二つ折りキーボードと同じ原理ですね。

中古ポメラDM10 フルオープン

電源を入れると、ポメラは即座に入力体制に入れます。文章を書いている途中だった場合でも、そこから始められるのだとか。

中古ポメラDM10 電池

ちなみに、コンセントという概念は無く、乾電池(単四電池2本)で動作するマシンです。エネループは非対応ですのでお気を付けください。極めてコンパクトなボディですので出先で使うのに適しているそうです。そこで、気になるのが別の機能。

「テキスト入力は分かったから別の機能は無いの?。」

友人に、そう質問してみたところ、

「野暮な事を聞くもんじゃ無いよ。出来るワケないじゃん。ポメラなんだから、ポメラ。」

と、二度目のバッサリ。軽くて携帯性抜群、液晶画面で目にも優しいポメラという機械は分かりました。だがしかし、これだけしか出来ないものを、私に買えとおっしゃる意図が全く分かりません。

「そこで、コレって大丈夫なのか?。」

そう、友人に聞いてみると、

「文章も打たずして、文句を言うとは酔狂なワッハッハハ・・・。」

っと。こいつは上様か?。暴れん坊将軍か?。友人の武士っぷりは、昨日今日始まった事ではありません。言うだけ無駄なので、ポメラを使って実際に記事を書いています。

中古ポメラDM10 180度オープン

液晶画面が180度開くのは非常に便利。

「もうちょっと、画面の角度が開いたらなぁ。」

ノートパソコンでもありませんか?。

ポメラを使ってみた感想

中古ポメラDM10 背面

ホント、何も出来ないだけにサクサクと動きます。当たり前の事ですが、軽く関心してしまいました。それに加えて、他の事が出来ないので集中力が高まります。ここまでて、1330文字を超えていますが、快適に文章を書けています。

前記事「記事量産体制へ!ブログ記事を一気に書き上げる簡単な方法」でも触れましたが、ネットに繋がっている環境下では、Twitterやらネットニュースやらが邪魔をして執筆への集中力が阻害されます。ネット環境から一脱する事により、集中力を更に維持できる可能性は、この記事で書きました。

ポメラを使うと、その効果に加え、液晶画面を長時間見ていても目がほとんど疲れません。そして、これは明日の朝、更に実感出来る事でしょう。というのも、私の場合、PC作業で眼球を酷使した翌日が最も目の疲労を感じる瞬間でもあるからです。記事もスムーズに書けて目の疲労感も感じない点では合格です。普段、外出先から執筆される機会の多い方にとっては、タブレットよりも使い勝手が良さそうです。何よりも持ち運びが非常に便利。

「あぁ・・・良いかも知れないね、ポメラ」

ここまで記事を書き終えたあと、スカイプで友人にそう伝えました。

「ところで、ポメラっておいくら?。」

加えて、そう質問すると、

「ん?、サラで2万くらいかな?。」

・・・・・・・。

・・・・・・。

・・・・。

「おめぇ、馬鹿じゃね?。こんな機械が2万もするかよ?。」

さすがの私も軽くブチ切れ。このマシン構成で2万は有り得ん!。

ポメラはお高い商品です

上様の言う事はあてにならん。という事でネットで調べてみると、新品ベースではポメラは2万を超える商品でした。こんなの数千円でしょ?。何でこんなに高いのよ。しかし、このままでは上様に対して引っ込みが付きません。

「でも2万は高過ぎて買えない・・・。」

そう伝えると、

「Amazonで中古だったら7千円くらいで売ってるよ。それと同じヤツ。」

と言う事で中古ポメラを注文

はぁ、

”パンが無ければケーキを食べれば良いじゃない”

の逆バージョンかよ。そんな思いは胸に仕舞い込んで、7千円だったら買えるかな。と言う事で、急きょAmazonで注文をしたポメラがコレ↓です。

数日の間に中古ポメラ(DM-10)が私の手元に到着します。それまでの間、このポメラは好きに使って良いとのお許しが出たのでポメラを使ってガンガンテキストを打ち込んでみようと思います。そんな理由から、写真やイラストはしばらくお休み。今週一杯、ブログ記事作成に集中しようと考えています。ポメラの現在の中古価格を知った上様曰く、

「あぁ、俺が買った時は5,000円くらいだったのに、値上がりしてるんだねぇ~。」

っと。よって、ポメラの値段は時期によって大きく変動しているみたいです。加えて中古DM-5は3,000円ほどで購入したと申しておりました。

2016年3月30日現在、ポメラDM-5の中古品はAmazonでは販売されていません。逆に、新品は8,000円台で売られていました。

個人的にどちらの機種でも良かったので、新品のDM-5の選択肢もあったのですが、

「液晶画面はDM-10が綺麗だよ。」

その一言で、中古DM-10に決めした。商品が到着したら、このページでご紹介します。今しばらくお待ち下さい。いちいちムカつく友人ですが、今回のアドバイスにはお礼を申して置きます。

ありがとう、この野郎(笑)。