【猫雑学】目の青い猫の瞳は、晴天の空と同じ青なワケ

猫の目の色のカラーバリエーションは、

  1. グリーン
  2. ヘーゼル
  3. アンバー
  4. カッパー
  5. ブルー
  6. レッド
  7. オッドアイ

と多彩です。その中でもブルーの目を持つ猫。この青色と晴天の空とは同じ原理で人間の目に見える色なのだそうです。

スポンサーリンク

レイリー拡散とメラミン色素

猫の瞳の虹彩は、眼球の前面にあり瞳の周りにある膜です。主に瞳の大きさを変えて光の量を調整する役目があります。

その虹彩にはメラニン色素が含まれています。メラニン色素が長い波長の光を吸収して残った色がブルー。

この現象は空の青色を決定するレイリー拡散と同じ原理。従って、青い目の猫の目の色は、青空と同じブルーと言う事が出来ます。

わが家のキジトラ猫の目の色はグリーン

わが家の猫様のようなキジトラ猫の瞳はグリーン。どんな色をしていても、宝石のように美しい猫の目をじっと見ていると引き込まれそうになります。

今回のテーマとなったブルーの瞳の猫ちゃんたちは、曇りの日も、雨の日も、真夜中でも空の青色を見せてくれる存在です。それは正に宝石とも言い換える事が出来るでしょう。

猫を飼っている全ての人たちは、毎日毎晩この宝石を眺める事が出来るのです。それはある意味、最高の贅沢なのかも知れませんね。

さて、今夜もじっくりとわが家の宝石を眺めようと思います。ですがわが家の猫様、あまり目を合わせてくれないのが悩みの種です(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク