寝方にあった!睡眠を取った筈なのに疲れが取れない原因

わたしは毎朝、地獄のような気分で目覚めています。朝なんて、来なければいいのにとさえ思っている人間のひとち。もうね、しっかりと睡眠を取ってるはずなのに疲れが取れない・・・。スッキリとした目覚めが欲しい・・・。みなさんは、そんな事は無いですか?。その答えが2016年7月24日放送、TBS「この差って何ですか?」にありました。目から鱗の快眠のメカニズム。これは記録しておかなければなりませんよね(笑)。

スポンサーリンク

快眠できない原因は寝る姿勢にあった!

寝ました

仰向け、うつ伏せ、横向き。眠る時の姿勢は大別するとこの3つ。まぁ、わたしの場合、椅子に座っているだけで意識が飛んでしまう事もしばしばですが、これは特殊なパターンと言えるでしょう。

この睡眠のメカニズムを丁寧に解説してくれるのが、大阪市立大学疲労医学講座 特任教授 東京疲労・睡眠クリニック 院長 梶本修身(かじもと・おさみ)先生。

先生のお話によると、先ほどの3タイプの姿勢で疲れの取れにくさナンバーワンは仰向けなのだとか。逆に疲れが取れる姿勢は横向きなのだそうです。よって、枕を作る時には横向きの枕をつくりましょう。

わたしは絶対に仰向けでしか寝ない。というか眠れない人。枕の高さがどうとかこうとか。マットの硬さがああだのこうだのってお話かと思いきや、そっち方面から攻められると結構厳しい・・・。でも、安心して下さい。横向きに寝る方法も、先生が一緒に教えてくれました。

眠っても疲れが取れない原因とは?

股を広げて眠る猫

寝たら治る。寝たら元気になる。大人たちから昔から言われて来た世代。なので、子供たちにも同じような事を言っていましたが、この場を借りて謝ります。すまん、俺が悪かった。

眠っても疲れが取れない差代の原因はイビキ。そして最もイビキをかきやすい姿勢が仰向けなのです。睡眠中、緩んでしまった首の筋肉や脂肪が重力によって気道を狭くすることによって起こる現象。このイビキが睡眠を妨げるのです。

人間が眠っている間に行う呼吸は約4000回

2016-07-06 ブラッシング終了後の猫

人間が眠っている間に行う呼吸は約4000回。これは眠っている間に細いストローで風船を4000個膨らませているのと同じ事。単純に考えても物凄い重労働。というわけで、イビキをかくという行為は、眠っている間に運動をしているのと同じなのです。従って、イビキの解消が質の良い睡眠の一番の方法です。

仰向けで寝ると、疲労度が寝る前よりも高くなる

2016-08-06-死んでるかと思ったキジトラ (4)

ここから「この差って何ですか?」の真骨頂。実証実験から驚くべき結論が出来ました。それが、

仰向けで寝ると、疲労度が寝る前よりも高くなる

というもの。仰向けで6時間睡眠してもらった20~40代男性の疲労度を測定したところ、寝る前よりも目覚めた後の方が疲労度が高かったという結果になりました。

横向きでも同様の実験を行ったところ、全ての被験者の疲労度は低くなった結果に。やはり、横向きで眠った方が快眠出来るようです。

でもね、ぼくは上向きでしか眠れませんが・・・?。そんな時にはウエストポーチなのだそうです。

横向きで寝るにはウエストポーチを使う

先ほどの実験の被験者の皆さん。2回目に横向きで眠ってもらう為に使用したのがウエストポーチ。これを2個使います。お腹側と背中側にウエストポーチをセットした状態で睡眠に入れば横向きで眠れるそうです。

また、右側を下にして寝る方が良いそうです。その理由は胃の向きにあります。右側を下にして寝ると、食べたものがスムーズに流れるので便通と消化が良くなるそうです。それによって睡眠の質も良くなるのだとか。

ちなみに、目覚まし時計を使っている人は熟睡感が大きく違うそうです。徐々に明るくなる太陽の光で目覚めるのが、最も熟睡感を得られる朝の目覚めなのだそうです。

まとめ

2016-07-05 お昼の猫の様子(死んでんじゃね?)

なんかね~、この暑さでしょ?。で、わたしエアコンとか扇風機無しで夏を乗り切ってる人だから睡眠は大事なのですよ。でもね、暑くて眠れない夜も御座いまして。明け方にうとうとし始めたら、そっと愛猫が寄り添って来たりもしまして。ふと、目覚めれば胸元に猫って場面もありまして。結構な参りぶりでした。今回、貴重な情報をゲットしたので、今夜からウエストポーチを巻いて横向きで眠ろうと思います。何てったって、この酷暑を乗り切るには睡眠が一番大事ですからね(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク