粘土でマンモス肉!はじめ人間ギャートルズの肉を作ってみた。

「その小汚い物体は何ですか?。」

「マンモスの肉だよ、サヨリちゃん。」

「マンモスって・・・太古に絶滅したとされる毛の長い像みたいな動物のお肉?。」

「そうそう。」

「そんなの作ってどうするの?。」

「トムとジェリーのチーズ作ったでしょ?。チーズを作っている途中で、はじめ人間ギャートルズのマンモスの肉が頭を過ぎったから作ってみたんだ。」

「はじめ人間ギャートルズ?。」

スポンサーリンク

樹脂粘土でマンモス肉は失敗作

「はじめ人間ギャートルズもトムとジェリーくらい古い時代のアニメ作品だよ、サヨリちゃん。」

「こんなの見たこと無いです。」

「当然だろうね、40年以上昔のアニメだから。でもね、」

「でもね?。」

「今とは違って、テレビで放送されるアニメーションの数が少なかったから、当時の子どもたちの記憶には残っているんだよ。いわゆる共通記憶っていうのかな?。ラジオ体操みたいなものだわ。」

「ボクにはお父さんの言っている意味が今ひとつ分かりませんが、多くの人たちの記憶の中に生きているアニメーションという事ですね。」

「そうそう。」

「記憶を元に作ってはみたのだけれど、これはギャートルズのお肉とは違うね。」

「敗北宣言した!。お父さん、あっさりと敗北を認めた!。」

「質感が全然違うんだよね。もっと、タイヤみたいな感じなんだわ、マンモス肉。やる気が出たら再チャレンジしてみるよ。」

「諦めてはいないんだぁ~。」

「でもね、」

「でもね?。」

「お父さんは新しい発見をしたよ。」

「何でしょう?。」

「この作り方でコンニャクが出来ます。」

「そうですね、側のグレーの部分はコンニャクですよね。」

「おでんとかおでんを作る時に役立つ情報だよ、サヨリちゃん。」

「おでんしか作らないという事で受け取りました。お父さんの頭の中でのコンニャク料理はおでんだけなんですね。」

「という事で、キミにはちゅーるを進呈しよう!。」

「いや、これはトムとジェリーの時にもらった残りですにゃ!。まぁ、いいけど・・・。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク