粘土で作ったバケット(フランスパン)

ハンドメイド

「フランパンだよ、サヨリちゃん。」

「バケットですよね?、お父さん。」

「バケットって何?。」

「そこからかーい!。」

スポンサーリンク

バケットとバタール

「バケットはフランスパンの種類ですよ。お父さんが作ったパンのような形をしています。バケットよりも短くて太いのがバタールです。他のパンとの大きさの比率からバケットと推測しました。」

「おフランス事情にお詳しそうだね、サヨリちゃん。パンを食べたことも無いのにね。ある意味尊敬するよ。比率からバケットと言い切るあたり。アナタ、只者ではありませんね?。」

「これだから昭和の男は・・・。平成では至極当たり前ですよ、お父さん。フランスパンとか、初めて食べたのはおいくつの頃ですか?。」

「二十才は越えていたね。テレビドラマの小洒落たシーンで買い物袋の中にフランスパンが見えていたりしてはいたのだけれど、現実は長ネギだよ、サヨリちゃん。長ネギ入ってたら、『今夜はすき焼き?。』とか思ってたわ。」

「食文化が一般庶民に普及したのは、『美味しんぼ』がアニメ化されてからですからね。それ以降に生まれた人たちは、全員グルメですよ。バケットくらいは一般常識です。にゃ、にゃ、にゃ。」

「そんなグルメさよりちゃん。これ、なーんだ?。」

「こ・・・これはっ!!!。」