経験から得た「ブロッコリーご飯ダイエット」リターンズ

銭湯へ行って、

体重を計ったら、

3キロ太ってた・・・。

仕方ないので短期ダイエットを始める事にした。

筋トレの回数も増やそうとサウナの中で思った。

銭湯の帰り道。

ファミマに立ち寄ったら、

ブロッコリーご飯ダイエットの本が置いてあった。

本を買いはしないものの、

さっと目だけは通した。

だって、これは僕が去年実践した方法なのだから。

痩せないわけ無いでしょ?。

スポンサーリンク

ブロッコリーご飯ダイエットは、安全に絶対痩せる代替えダイエット法

ブロッコリーご飯ダイエットは、まだブームが来ていないダイエット法だったかな?。やり方は簡単で、ご飯の代わりにブロッコリーを食べるというダイエット。いわゆる代替ダイエットだ。昨年、二ヶ月間実践してみたのだけれど、このダイエット法は、体重は減るわ体調は良くなるわで誰にでもおススメ出来るダイエット方である。

だがしかし、メリットもあればデメリットもある。まずは、ダイエット経験から得たデメリットから書いてみよう。

ブロッコリーダイエットのデメリット

ブロッコリーダイエットの最大のデメリットは2つある。

ブロッコリーは美味しくない

ハンバーグやステーキなどの付け合せとしてチョクチョク見かけるブロッコリー。皆さん御存知の通り、お世辞にも美味しいとは言えない野菜である。はっきり言うと、マズイし好きじゃない!。ブロッコリーご飯ダイエットは、これを、こいつをご飯の代わりにするのである。ブロッコリーの味に慣れるまでの間、ブロッコリーご飯ダイエットは、貴方にとって地獄の日々を与えるだろう。この期間が一番辛い時期だ。

なぜならば、みなさん御存知のとおり、醤油、ソース、ケチャップ、マヨネーズ、焼肉のタレなどの調味料は塩分やカロリーが高い。本気で健康やダイエットを意識しているのであれば、ブロッコリーだけを食べるくらいの覚悟が必要になる。従って、ブロッコリーを美味しく食べる方法など無いものと思わなければこのダイエットは成立しない。

ブロッコリーダイエット関連書籍では、美味しい調理法などが記載されているが、そういうのを気にするくらいなら、最初っからやらない方がストレスが溜まらなくて健康に良いだろう。

そんな僕が最も利用した調理方法は、蒸しブロッコリー。慣れたらそれなりに美味しいですよ。

ブロッコリーは経済的では無い

ブロッコリーはメチャクチャ高い。スーパーで見かけるサイズで1個300円近くするのだからたまらない。大好きなメロンパンが3個買える、買えてしまう。

ダイエット期間中、ブロッコリーの摂取のみにウエイトを置いて食べられなければお金が続かない可能性が極めて高い。ダイエット食である豆腐や納豆、ヨーグルト、コンニャクなどを併用すると財布の中身が結構辛い。なんてったって、僕の召喚可能な諭吉は限られているのだから。

そんな僕がブロッコリーに対する懸念材料はこの2つ。僕の経験では、三日目になるとブロッコリーを見るだけで嫌な気分になった。

では、それを乗り越えてでも2ヶ月継続出来た理由を以下に述べようと思う。ブロッコリー、味はなんなだけれど続けると良い事あるよ。

ブロッコリーダイエットのメリット

体重が減る

僕の場合。ブロッコリーに加えて、

  • マイタケ
  • 鶏の胸肉
  • 鯖の水煮缶

でダイエットを実践した。その結果、1ヶ月と少しで7キロの減量に成功した。もしも、ずっと続けていたのなら、もっと体重が減っていた可能性は高いと思う。もしかしたら、50~53キロまで行けたかも知れない。

ちなみにダイエット期間中、大好きなメロンパンを始め、あらゆる甘いものの摂取は極力控えていたのは言うまでもない。ダイエット期間中のチートデー(何を食べても良い日)は3回くらいだった。

お腹周りと背中周りのサイズが減少した

体重が減るのだから、お腹周りのサイズが減るのは当然だ。だがしかし、1ヶ月ほどすると、銭湯の大きな鏡の中の自分のスタイルが変わっているの事に驚く。ほくそ笑むとは、こんな時に出る笑顔なのだろう、悪い顔だ。

ためしてガッテンでも放送されたが、常日頃見ている正面よりも背中の方がずっと年齢が出るものだ。スッキリと贅肉の取れた自分の後ろ姿は、10歳くらい若返って見えた。その証拠に、仕事で知り合った人にタメ口を叩かれる機会が多くなった。相手の年齢を会話の中でそれとなく聞き出しながら、僕は最後まで敬語で対応。自分の情報は一切出さない。

「自分は若いから知らんやろうけどな、・・・・なんやで。」

と、何故か若い衆からレクチャーを黙って受けている。いつか僕の年齢がバレる日も来るだろうが、その時が楽しみでならない。このメリットは大きい。

体調が良くなる

ダイエット期間中。脳内の思考回路の数十パーセントは食べ物の事が独占するものの、体が軽く感じられるようになった。また、仕事などで蓄積された疲労の取れ方が早い気がした。過剰に糖分を摂取ると体調不良の原因となると言われているが、それも実感できた。

でも、やっぱりメロンパンが大好きです。

顔色が良くなる

ダイエットを始める前。僕は顔色が悪い方だったのだけれど、自分で「うわ~!」っと思わない程度まで顔色が良くなった。

顔が小さくなる

ダイエット前、顔がパンパンだとよく言われていた。特に朝のパンパンぶりは酷かった。アンパンマンくらい酷かった。いつの頃かそれを言われなくなり、さらに、

「顎がスッキリしたんとちゃう?。ご飯食べてる?。」

そう言われるくらい良い感じになった。痩せた効果というよりも、体調が良くなった効果なのかなと思う。

空腹感ゼロ

体の変化については上記のとおりである。一方、精神面での大きなメリットとしては、やはり空腹感がまるで無い事は大きいだろう。ブロッコリーをどれだけ食べても良いのだから、お腹がパンパンになるまで食べても良いのだから、さらに、腹持ちが良いのだから空腹感を感じる事は無い。

ブロッコリー特有の食感(コレ嫌い)や、味に対する問題は克服出来ないものの。体調が良くなり痩せる効果が得られるのなら、そこは自分の食欲と健康的メリットを天秤に賭けてやりたい方をやれば良いと思う。

今までの食生活を続けるのなら、体型も体調も今までどおりなのだから。何の問題もありません。

ストイックじゃ無くったって、少々のダイエットなら全然可能

ここまでは、ブロッコリー中心の食事を想定して書いたものである。しかしながら、普通の食生活に少し多めのブロッコリーを加えるだけでも、体調が良くなったり、体重が減ったりする効果を、僕の経験上ではあるが得られると思う。

なぜならば、人間に足りない栄養素を補給して元気になれば、自ずと活動的になるものだから。幾ら何でも消費カロリーだって幾分かは増えるであろう。それで、ブロッコリーの効果が実感出来てから、本気でブロッコリーご飯ダイエットにチャレンジしてみても良いと思う。

今は2月。

薄着の季節、夏までには十分時間があるのだから。合わせて筋トレを取り入れれば、十分間に合うタイミングである。

ちなみに写真は日清どん兵衛のダイエット版である。どん兵衛のお湯を注ぐ前にマイタケとブロッコリーを乗せて普通に作れば出来上がり。カップ麺を食べるのなら、こうやって食べるだけでも体には良いと思う。

ブロッコリーダイエットを止めて2ヶ月後

話は文頭に戻す。そう、銭湯の話。

2ヶ月間のブロッコリーダイエットの効果は2ヶ月間だった。それは、お風呂の鏡で十分過ぎるほど実感した。実感出来た。元々、62キロの体重を55キロまで落とした。そして、大好きなメロンパンを貪り食った二ヶ月後、体重は58キロにまで増量。たぶん、ブロッコリーダイエットの効果が切れて、糖分が僕の体内で猛威を奮っているのであろう。ゆえに、これから僕が何を食っても太る方向へ向かう事になる。きっとそうなる。もしかしたらリバウンドするまで行っちゃうかも知れない。

どうして急に危機感を抱いたのかというと、たったの2日の間に1.5キロ体重が増えたからだ。それに加えて、2日前と比べて明らかにお腹周りがだらし無く見える。結構、キテマス!。

ダイエット前の体型に戻るのは簡単な事だけれど、今なら去年よりは楽にダイエット出来るだろう。もしかしたら、そっちの方が楽な気もしている。

という事で、今からブロッコリーダイエット再開です!。

スポンサーリンク