続、海からiPod(2017)がやって来た

ブログ更新、メール、SNS、そしてウェブ閲覧で大活躍していたiPod touchだけれど、2017年版iPadの導入で状況が一変した。iPod touchの能力や使い勝手に何の不満も無かったけれど、iPadを使ってみると、4インチ画面は私の目には負担が大きかったようだ。10インチ画面はやはり見やすい。

デスクトプパソコンで使っている23インチと19インチのデュアルディスプレイは、短期決戦には必要不可欠であるものの、作文や情報集では画面が大きすぎて目への負担が大きい。ずっと見ていると目がショボショボして集中力が途切れます。

若ければディスプレイサイズなんて何でもありだけれども、おじさんが複数のメガネを使い分けているように、老眼が気になり始めるお年頃には目的にあったディスプレイサイズというものが必要なのだと実感しました。

で、昨日から1日間、iPadを使い倒して見みたのだけれど、iPadの画面サイズ丁度は良いです。タブレットは、場所も姿勢も選びません。その点では、iPod touchも同じですが画面サイズが大きくなった事で受けられる恩恵は計り知れませんでした。

そして、何より驚いたのがバッテリーの持ち時間。昨日から使い始めてから一度も充電していません。これなら1日の充電は一回でイケそうです。iPod touchで使用していたアプリもそのまま使えるので、新たにアプリの操作を覚える手間も省けます。

音楽鑑賞や写真撮影はiPod touchに、その他のブログ更新などはiPadに、それぞれの使い分けが決まりました。軽くて一回り小さいiPad miniという選択肢もありましたが、今のところ新型iPadを選んで良かったと思っています。

ゲームに関しては、魔法使いと黒猫のウィズしかプレイしていないので、それはどちらでも良いのだけれど、問題が読みやすい分だけ正解率はiPadの方が良くなりました。今は魔道杯の最中なので、ゲームの面でも良いタイミングでiPadが手に入りました。

耐久性が何年持つのか分かりませんが、次の新型も4万円程度の価格帯で発売されるのならば、新発売のたびに購入しても充分元は取れるお買い物だと思います。

兎にも角にも、これまでタブレットに不満を抱いていた入力待ちや挙動不振、ブログ用画像加工などがストレス無く行えるようになった事は、初代iPadの使い勝手の悪さがトラウマだった私にとって大きな収穫でした。

iPadの導入によって、デスクトプパソコンを起動させる頻度は大幅に少なくなる事はだけは間違いない事でしょう。

さて、バッテリーの容量が5パーセントを切ったので、iPadの充電をして今夜は寝ようと思います。

おやすみなさい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク