色塗りで台無し!ダイソーの石粉粘土で招き猫

ハンドメイド

「ボクの招き猫ですね、お父さん。」

「そうだよ、サヨリちゃんの招き猫だよ。」

「何だか良い感じに出来ましたね。」

「そんな気がしているのだけれど、色を塗ったら台無しになりそうな気がしてならないんだ・・・。」

「大丈夫ですよ、お父さん。そう言いたい気持ちは山々ですけど、お父さんって色を塗るのは初めてでしたよね?。」

「んだ。」

「んだ。」

スポンサーリンク

ダイソーの石粉粘土で招き猫、失敗への道のり

 

造形編

「これは、さっきの写真とは違いますね。ツヤツヤしたというか整ったというか・・・。いったい何をしたの?。」

「鉄のやすりの後に紙やすりを掛けたんだよ。」

「良い感じに仕上がりましたね。あっ、後ろ足も付けたんですね。」

「足はこのままでも良いかな?。って思ったのだけれど、足を付けてみました。デヘっ。」

「デヘっ、じゃねーよ。今回の招き猫にこだわった点はどこでしょう?。」

「まず、イラストに忠実に顔を作ったよ。」

「確かにイラストのまんまですね。」

「それと、お尻をぷりっとさせたんだ。キミ、気づいてないとは思うけど、お尻がプリッとしているんだよね。」

「失敬なっ!。ボクのお尻はそんなにプリッとしてませんよ。」

「最後は背中の肩甲骨。前々から思っていたのだけれど、猫の肩甲骨は魅力的だよね。なんど見ても惚れ惚れするわ。」

「ボクは一度も見たことがありませんけど、そんなに格好いいの?。」

「一部の猫好きだけにしか分からない部分かも知れないね。さて、着色に取り掛かろうか。」

「ボクの分身をお願いしますよ、お父さん。でも・・・嫌な予感しかしない・・・にゃ。」

色を塗ったら台無し

「にゃんですか!。ボクはチョコレート細工ですか?。ってか、写真撮影してないっしょ?。」

「やっぱりこうなっちゃったか・・・。ショックのあまり写真撮影忘れました。もっとお上品に着色しようと思ったんだよね。でもね、」

「でもね?。」

「一発目で失敗を確信したよ。思いの外、ドベって絵の具がついちゃった。」

「ついちゃったじゃないわ。この状況、いったいどうしてくれるんだい?。」

「軽くサヨリ姐さん混ざって来たね、サヨリちゃん。どうもこうも出来ないよ。最初からやり直し。」

「最初からって、出来るの?。」

「頭の中で形が理解出来たから、次からは量産可能だよ。同じサヨリちゃんを沢山作って、色々と色を塗ってみるわ。そのうち答えが出るでしょう。」

「これで相当な時間が掛かったんでしょ?。そんな簡単に出来るのかなぁ?。」

「出来るっしょ。」

「もしかして・・・。」

「そう、もしかして。」

「シリコン登場ですか?。」

「デヘっ。」

「デヘっ、じゃねーわ。」