新世紀エヴァンゲリオンの赤木リツコの趣味は猫の小物集め

赤木リツコ(新世紀エヴァンゲリオン)はタバコとコーヒーというイメージが強いが趣味で猫の小物を集めている。また、自身も猫を飼っていた過去を持つ。科学者特有の沈着冷静な言動が彼女の持ち味である。強さを誇示すればするほど、垣間見られる彼女の弱さや女の子らしい小物などからのギャップから人気の高いエヴァ女子のひとりであり、エヴァストーリーに欠かせないキーパーソンでもある。トレードマークは白衣。

コスプレ衣装 新世紀エヴァンゲリオン赤木リツココスプレ衣装 COSPLAY QYY0438 by Amazon

過去に猫を飼っていた猫好きだが後に祖母に預けている。またその猫は後に他界したものと思われる。母ナオコと碇ゲンドウとの関係を知りつつも、母と同じ道を歩むリツコにとって猫の癒し効果は必要不可欠だったものと推測される。そんな大切な愛猫を祖母の元へ預けたのも、特務機関NERV技術開発部技術局第一課所属し「E計画」担当・エヴァンゲリオン開発総責任者に加えスーパーコンピューターシステム「MAGI」の管理・運営担当者という激務が原因だったのだろう。猫と触れ合えない代償としてNERVのデスクに持ち込める猫の小物を集め始めたのかも知れない。

ちなみに、この雑学はスマホRPGゲーム「魔法使いと黒猫のウィズ」の問題としても取り扱われている。

スポンサーリンク