高松の猫カフェ?撫で回されるサヨリちゃん

「サヨリちゃん、あのご婦人とお知り合い?。」

「知りませんけど、なぜですか?。」

「いや〜、めっちゃ撫でられていたから知り合いかと思って。」

「何を今更、お父さん。ボクの外面の良さは知っているでしょう?。これでボクのファンが1人増えましたよ。にゃ、にゃ、にゃ。もはやここは、猫カフェですニャ。」

スポンサーリンク

キジとら事務局は、たまに猫カフェ化する模様

「昨日、届いた懸垂マシーン。臭いがキツかったですよね、お父さん。」

「そうだねー、ドアを閉めきっていると頭がクラクラして来たよ。なので、事務局の扉を開放するよ、サヨリちゃん。」

「何だか凄いゲートが開くような言い回しですけれど、ただドアが開くだけじゃ無いですか。でも、ドアが開くとボクの世界も広がるのです。ニャルソック開始ですニャ。」

「そうだねー、サヨリちゃん。サヨリちゃんにとって、ドアの向こうは今流行りの異次元だよねー。という事で、首輪にリードをつけようねー。」

「マジっすか?。ボクは、リードの限界まで進みます。そして、外の世界を見守るのです。」

「何だか真剣な眼差しで国道を見ているね、サヨリちゃん。首を左右に振って忙しそうだね。何の監視をしているのかな?。ビルの上の人達の通行の邪魔にならないようにしていなさいよ。」

「分かってますよ、車だ、車だ!。車でぇ、車でぇ!。」

『あらあら、猫ちゃん。何しているのーーー。ヨシヨシ。』

「うわぁ、迂闊に近づくと危ないぞ!。サヨリちゃんの行動は予測不能だぞ、気をつけろ!。」

「・・・。」

「何それ、めっちゃ頭を撫でられてるやん。」

「・・・。」

『じゃぁ〜ね。またねぇ〜。』

「行っちゃった。」

「行っちゃった。」

「ナデナデして行っちゃった。」

「ナデナデされて行っちゃった。」

「軽く猫カフェ状態が展開されたのだけれど、サヨリちゃんは社交的だね〜。」

「当然ですよ、お父さん。野良猫時代は媚びを売って生き抜いて来たボクですよ。あの程度のサービスはお手の物です。引っかからなかったのは、お父さんくらいのものですよ。にゃ、にゃ、にゃ。」

「そう言えば、今日もオヤツをいただいたよ。サヨリちゃんって、何気に人気者だよね。たまに羨ましく思うよ。」

「ああ言うのはボクの十八番ですからね。一掃の事、キジとら事務局を猫カフェにすればいいじゃ無いですか?。私、失敗しないので。」

「キミはドクターXですか?。それとも自信満々のキャバ嬢ですか?。サヨリちゃんは男の子だからホストかな。いづれにしても、お父さんはそんな気は無いから。今日はたまたま異次元の扉を開いただけだから。」

「ボクはキャバ嬢でもホストでもありませんよ、お父さん。どちらかと言えばオネエ寄りです。タマタマがありませんからね。」

「そっかぁ、あっち系だったね。」

「あっち系って何だよ?。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク