放置すると化膿も!高齢の猫が爪をとがなくなったワケ

高齢になった愛猫が爪をとぐ仕草を見せなくなったら要注意です。猫は高齢になると、自分で爪がとげなくなる事があります。爪が伸びっ放しになると、猫が辛い目にあってしまいますので要注意です。

スポンサーリンク

猫の爪が伸びすぎると肉球を傷つける結果に?

2016-07-06 キジトラ猫の肉球

猫の魅力的なパーツの中でも人気な部位と言えば肉球。猫にとっても飼い主さんにとっても大切な部分です。大切なチャーミングポントを守るためにも日々のスキンシップは必要です。

猫は、高齢になると自分で爪がとげなくなる事があります。飼い主が気付かずに爪が伸びっ放しになると巻き爪になってしまいます。その状態になると、爪が刺さって肉球を傷つけてしまいます。最悪の場合、傷口が化膿する事も。それが原因で動物病院へ来院する猫ちゃんも多いそうです。

  • 猫が高齢になった
  • 猫が爪をとがなくなった
  • 猫の爪をとぐ仕草に力が無い

そんな時は、猫の足の爪をチェックしてあげましょう。爪が長いと感じたら爪を切ってあげると愛猫が痛い思いをする事もありません。

猫の手

長年、家族を癒し続けてくれた猫ちゃんです。最後まで大切に育ててあげましょう(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク