猫用マフラーの試作品が来ました。予定よりも4日も早い試作品完成に本気度を感じたのも束の間、マフラーを見て思わず出た言葉が、

「・・・0点じゃん!。」

サヨリちゃん「猫用マフラー」モデルデビューか?

折角の手編みなので言いたくも無いけれど、キジトラ猫に黒は無いわぁ~。冷風機もらっておいて申し訳無いけど辛口で行くわよ。

色は無視して猫マフラーのレビュー

2016_09_05_猫マフラー試作1作目 (10)

キジトラ猫に黒はあり得ません。なので色や柄の話は一切しません。注文通りの赤でお願いします。こんなところで揉めてもダレ得にもなりませんから話を先に進めましょう。

材料費なんて知らない。これでは短すぎです。

2016_09_05_猫マフラー試作1作目 (17)

一重巻きって首輪の世界。

マフラーの醍醐味は二重、三重と巻き付ける事で醸し出されるモフモフ感なのです。そして、寒がりな猫の為の防寒の役割も担うのですからコレでは短すぎ。せめて今の倍の長さは必要ですね。

材料費なんて知らないです。

良いものなら3千円でも5千円でもお金を出して買います。先日放送されたモニタリングの「たおにぎり」や「たおうえん」と同じ感覚です。材料費と製造手間は後回しにして、いいものこさえて下さい。良いものは口コミで広がって行くものだと思いますよ。

2016_09_05_猫マフラー試作1作目 (18)

マフラーの片側を通す穴も要らない

猫にマフラーを着せると自分で外してしまう可能性も否めません。ですから、プロはマフラーを通す穴をあけたりボタンを付けたりして工夫を凝らします。ですが、使う側はノーマルなタイプをアレンジしたい生き物なのです。とくにネットユーザーは、オリジナル追及派が多いのです。マフラーで自由に遊べるように遊びしろが必要です。

マフラーの両端の部分がどうにかならない?

2016_09_05_猫マフラー試作1作目二枚折りパターン (14)

マフラーの両端の終りの部分への工夫が欲しいです。これでは、写真に写った時に固く見えてしまいます。実際に柔らかい毛糸を使っているんだからいいじゃない?。そんな言い訳は要りません。自己満足でしたらそれで結構です。見た目についての点数は限りなく0点です。プロなりに色々と言い分もおありでしょうが、見た目が可愛く無いものは0点です。我々ユーザー側は、寒さしのぎならタオルで結構だと思う人種なのですから。マフラーなのですからマフラーを作って下さい。

サヨリちゃんの着心地は?

デザインや形状に関しては厳しい指摘をさせて頂きました。一方、実際に試着した猫のようすを見ると満更でも無いようです。試着品を首に巻いて2時間ほど経過していますが、ずっと首にマフラーを巻いて寝転んでいます。後ろ足でカキカキする場面も2度ほど目撃しましたがマフラーが取れてしまう事もありませんでした。着心地という視点から考察すると全然実用に耐えうる毛糸だと思います。

ちなみに、材料の毛糸は赤ちゃん用の柔らかい素材を使用しているそうです。メーカーなどは企業秘密だと思いますので公言は控えさせて頂きます。

猫用マフラー試着まとめ

2016_09_05_猫マフラー試作1作目二枚折りパターン (10)

せっかく持って来てもらったのに厳しい指摘ばかりで申し訳ありません。ですが、自分がお金を出してマフラーを買うかどうかは100%見た目の雰囲気で決めてしまいます。この思考回路は多くの人が同じだと思います。

写真をご覧頂いてもお分かりだと思いますが、全くマフラーの存在感が見えて来ません。従って総評としては0点とさせて頂きました。

今後のマフラーの目標として、

  • 暖かそうに見える事
  • モフモフ感を出す事
  • 皆に見せたくなるような色合い

この3つを意識して、もう一度チャレンジして下さい。ただ、うちの子が試作品を身に付けて何時間もじっとしている事に加えて、そのまま寝てしまった事に関しては大きく評価出来ると思います。

次回作を楽しみに待っています(笑)。

次回予告!

さきほど新しい情報が入りました。もっと長くて大きい赤いマフラーをお願いしていた試作品2号。オーナーのlineに送られて来た写真は驚愕のレインボーカラー?!。次回、猫マフラー試作レビューは、

「猫マフラー2号!えっ?何で赤を頼んだのにレインボー」

をお送りします。

これだけ意思の疎通が乱れると、まさにミニコント。一部始終の成り行きの記事を書いてる方が面白いわ~。

ホント、頼むよ(;^_^A


<スポンサーリンク>