2018年版!メーゾンタダのシュークリーム

雑談

「シュークリームだぁ。」

「食べられもしないのに、みかんの時とはえらい違いだね、サヨリちゃん。」

「みかんは匂いが嫌いなんですよ。」

「香りと言いなさい、香りと。」

「やだっ!。」

スポンサーリンク

食べる前に、シュークリームのサイズ・長さを測定

「高松町にあるメーゾンタダさんなのだけど、お父さんが中坊の頃からあるお店だよ。40年くらい続いている老舗だよ。今は若夫婦でやってるみたいだよ、サヨリちゃん。」

「そんな昔から通っていたの?、メーゾンタダ。」

「初めて食べたのが35年くらい昔かな?。クリスマスケーキとかはお願いしていたよ。」

「へぇ~。シュークリームも食べ慣れているの?。」

「シュークリームは初体験です!。」

「マジで?。」

「マジで。これはお裾分けで頂いたんだよ、サヨリちゃん。」

「ラッキーでしたね。」

「ラッキーついでに寸法を測ろう!。」

「またですか・・・。こじれてますねぇ~、粘土。」

「シュークリームだって、いつか粘土で作るかも知れないからね。大きさだけは把握しておかないとね。フムフム….。大きいところで7センチ位か。」

「コンビニのシュークリームと同じくらい?。」

「ケーキ屋さんのシュークリームだから標準サイズだと思うよ。」

「高さは約4センチくらいですね。」

「このシュークリームは3分の1くらいでカットして、中にカスタードクリームを入れるタイプだね。」

「カットしていないシュークリームは、どうやって中にクリームを入れているの?。」

「お尻から絞り袋でちゅーって入れていると思うんだけど。実際にシュークリームを作った事無いから知らないよ。」

「コンビニのシュークリームには、クリームを入れた形跡が見当たりませんからね。あれは昔から不思議でした。」

「じゃ、クリームを見てみよう。」

「にゃ~お!。カスタードがびっちりですね。高まるぅ~。」

「尻尾まであんこが詰まったたい焼きみたいだね。ボリューミーだよね。」

「どんなお味ですか?。」

「甘さが抑えられていて好きな味だよ、サヨリちゃん。子供の頃に食べたタダのケーキは大人の味がした気がしたなぁ・・・(遠い目)。」

「想い出の味みたいな感じですね、お父さん。」

「そうそう。」

「じゃぁ、ケーキ買って来てよ、お父さん。ゴーイング タダ ですよ。聖夜のお祝いを一緒にしましょう!。」

「いや、クリスマスは終わったから。」