CoCo壱番屋のレトルトポークカレーを貰った件

グルメ

「チャ~ン!何ですか?コレ。」

「言っておくけどサヨリちゃん。僕を水鴎流剣術の達人で胴太貫を携えた元・公儀介錯人のように呼ぶのは止めてくれないか?。僕はキミのお父さんだ。それと、これはCoCo壱番屋のレトルトポークカレーだよ、いただき物だけど。」

「ちゃ~ん♪。」

「かわええ~。」

「で、そのカレー、一個だけがあるのは不自然ですね。CoCo壱番屋のカレーなんて、コンビニでも買えませんし。」

「このカレーは懸賞品なんだよ。今ね、ココイチで懸賞券を持っているとクジが引けるんだ。それで当たったんだってさ。」

「誰がですか?。」

OIDENYAIのおばちゃん。」

「ボクにマフラーとかお遍路ニャン♪とかくれた人ですか?。」

「そうだよ。最近ご無沙汰だったのだけれど、ココイチでカレーを食べた帰りに事務局に届けてくれたんだよ。」

「お父さん、ココイチ好きですからね。」

「ココイチのカレーは好きなのだけれど、今は金欠病で行けないんだ。一食1,000円は必要だからね。宝くじでも当たれば良いのだけれど、それも狙って出来る事じゃないからね。」

多田さんところで当たりくじを貰えば良いじゃないですか?。」

「それが出来れば良いのだけれど、当たったら多田さんに半分あげてもいいのだけれど、それは無理な相談だよ。」

「人間って、面倒くさい生き物ですね。ボクなんて、お金を使った事すらありませんよ。欲しいものは勝手に手に入りますからね。」

「サヨリちゃんは、引き寄せの術が出来るからね。羨ましいよ、全く。」

「今度は裏側ですか?。ボクには何が書いてあるのか分からないです。」

「裏側にはね、この中に何が入っているのかとか、どうやって調理するのかとかを書いてあるんだよ。」

「どんなに説明が書かれていても、ボクはコレを食べることは出来ないのでしょう?。だったら無意味です。」

「サヨリちゃんが、カレーを食べたら死んじゃうよ。キミ、結構デリケートな生き物なのだから、何ても勝手に食べちゃ駄目なんだから。」

「分かってますとも、お父さん。ところで、そのカードはココイチの抽選券じゃないですか?。」

「そうなんだよね。お父さんも抽選券を持っているんだけれど、カレーを食べないとクジを引けないんだ。この記事を読んでいる抽選券が欲しい方。先着一名様限定で、香川県のココイチで使える抽選券を差し上げます。事務局の押しかけるなり、Twitterでアポイントを取るなり、お好きな方法でご連絡お待ちしております。尚、2017年7月9日(日)がくじ引きの期限ですので、ご連絡はお早めに(笑)。」

「お父さん、今、すごい営業スマイルしましたね。キショイです。でも、キジとらは、たまに何かをあげる記事を書いているので、そこも密かな人気なんですよね。ご連絡はお早めに(笑)。」