2018年の恵方は南南東!粘土で恵方巻きを作ろう計画

ハンドメイド

「お正月が終わったばかりなのに節分ですか?、お父さん。」

「何を言ってる、サヨリちゃん。ファミマもローソンもイオンもマルナカもぜーんぶ、恵方巻きの予約受付を開始しているんだよ。お正月なんて過去の産物さぁ~ね。」

「で、今年の節分の方角は南南東だと。」

「そうだよ。マルヨシセンターのチラシが目に入ったから持って帰ってきたんだ。」

「何かとマメですねぇ・・・。」

「それが何か?。」

「別に。」

スポンサーリンク

平成30年は南南東に向かって恵方巻きを食うべし!

「ゴージャスな恵方巻きですね、お父さん。」

「写真を見ているだけでよだれものだね、サヨリちゃん。」

「6種類の海鮮を使った恵方巻きだ。」

「どうせ、ボクにはくれないんでしょ?。猫だから。」

「そうだねぇ。人間の食べ物って、猫によろしくないモノが含まれている場合があるからね。そいつぁ~乗れない相談だね。また、ちゅーるの新しいのでも見繕ってあげるよ。ちゅーるの形も恵方巻きっぽいしね。」

「なにっ!、ちゅーるだと。それを聞いて安心しました。ところで、マルヨシセンターの恵方巻きのチラシを丹念に眺めていますけど、また悪だくみですか?。」

「そうなんだよ、サヨリちゃん。これ、粘土で再現できないかなって思ってね。この真中で猫が巻かれていたら面白くね?。って思ってね。」

「そりゃ、面白そうではありますけれど、お父さん。そんなの出来るの?。」

「むむ・・・分からん!。だがしかし、節分までには20日くらいあるからね。作ってみようかと思うんだ。そしてまずは・・・。」

「まずは?。」

「ご飯からだな。」

「ご・は・ん・・・。」