Amazonでマウス購入、小さな段ボールは猫の餌食に

普段、パソコンを使った作業はキジとら事務局のデスクトップPCで行っている。腰を据えて仕事をするのなら、大画面デュアル環境が断然作業効率が上がる。しかし、状況が変わるとメインPCのサイズも変わる。新年早々、外出する機会が増えた。フル活動での仕事なら文句も無いが、空き時間や隙間時間が勿体なく感じる。そこで一昨年までメインPCとして活躍していた10インチタブレットPCの出番。こいつをカバンに入れて持ち歩く事に。

古い機種だが簡単な作業なら操作性抜群。そこでマウス(LOGICOOL ワイヤレス 光学式 3ボタン レッド M185RD)をAmazonで購入。LOGICOOLのマウス購入は5個目になるだろうか?。普通に使えるし壊れないし安いので、私はLOGICOOLのマウスばかり買っている。長々と書いたがここからが本題。

小さなマウスに対すると大きな段ボール。でも、わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)に比べるとかなり小さい。この段ボール・・・サヨリちゃん入るかな?。そんな好奇心が湧くのも必然ですわな(笑)。

スポンサーリンク

猫の前にAmazonの段ボールを置いてみた。

お立ち台に段ボールがあるとも知らず、キジとら事務局にやって来たサヨリちゃん。いつもの場所でお昼寝モードに入りたいものの・・・見慣れない障害物が。

「何やねん、コレ?。」

仕方なく段ボールの前でたたずむ姿は哀愁すら感じる。時折、方向を変えながら姿勢を保つも気になるのはAmazon段ボール箱の存在。チラチラと箱を見ながらも、箱に対してシカトを決め込む。こちらもそれは想定の範囲内。

入る、きっと入る…。

私の仕事はカメラを構えてじっと待つだけ。彼と付き合いが始まって、今まで期待を裏切られた事は一度も無い。安心のサヨリブランドは伊達じゃない。いつ入るの?今でしょ!?。

5分、10分…段ボールとサヨリちゃんとの均衡状態が続く中、我慢に我慢を重ねていた私の膀胱が悲鳴を上げた。

「ごめんね、おトイレ行ってきます。」

一応、自分の意志をサヨリちゃんに伝えていざお花畑へ。3分後、スッキリして帰って来たら、

ちゃっかり入ってたわ、段ボールの中に。

ウサビッチみたいな顔をして小さな段ボールの中で座ってる。いつものパターンなら、そのままニャンモナイト化を始めるのだが今日は室温が高い。まぁ、入ってくれただけでもメッケモノかと思っていた矢先、猫のニャンモナイト化が始まった。

もうね、段ボールの中に無理やり入っていくわけ。小さな段ボールの中に大きな体を丸めて埋めていくサヨリちゃん。そのままイビキをかいて爆睡する姿は王者の貫禄。やっぱりサヨリちゃんは期待を裏切らない子やね(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク