キジとら事務局と目と鼻の先にカレーハウスCoCo壱番屋があります。なので、CoCo壱番屋の利用頻度は割りと高い私です。しかし、コスパがあまりにも悪すぎてしばらくお休み。そんな中、お父さんは事務局でご飯を炊くテクニックを覚えたよ。そこでカレーが欲しくなるとルーだけをお持ち帰り。多めにご飯を炊いておけばカレーを腹いっぱい食べることだって可能。ルーだけで2合は楽勝で食べられます。

「お米は炊いてルーだけ買う!。」

この選択は間違いでは無かったと自負しています。で、ココイチには、

  • ポークカレー(258円)
  • ビーフカレー(329円)

この二種類のルーがあります。コスパを重要視すればポークカレー一択になります。しかし、満足度という点で考えるとビーフカレーに軍配が上がります。そして、私はコスパよりも満足度を重視しました。だって、いつものココイチの気分でポークカレーを食べようものなら、後から後悔しか思いつきませんでしたから。結論として、



ビーフカレーがオススメです!スプーンでルーをすくうとお肉がある方がビーフカレー。肉のみならず、味のコクも全然違うのでビーフにしていれば間違いありません。

何度かポークとビーフを食べ比べてみた結果、わたし的にはポークカレーは選ぶべきでは無いという判断をしました。258円もあればレトルトでもっと美味しいカレーがあります。やはりココイチのカレーを食べた気になりたかったらビーフカレーの選択肢しかありませんでした。ただ、前日の残りものでコロッケやトンカツなどの揚げ物が冷蔵庫に眠っているのでしたら、揚げ物で味が変わるのでポークカレーの選択肢も全然ありだと思います。また、ポークカレーをベースにジャガイモや玉ねぎ、お肉やシーフードを付け足す場合もポークで十分でしょう。いずれにせよ、ポークカレーとご飯だけの組わせは、食べながら寂しい気持ちになるので注意が必要です(^_^;)。

ちなみに、経費削減の為にスーパーの半額札の付いた惣菜とご飯でビーフカレー食べた事があります。しかしながら、これはオススメ出来ません。絶対に駄目です!。というのも、時間が経過した惣菜はそれだけでも味が落ちます。そして、県民性なのでしょうか?。惣菜を買いもしないくせに、指で突っつものだから余計に味が劣化。安いからと言って、この組み合わせは最低だとやってみて実感しました。

味に煩い東京などの都会ではそのような事も無いのでしょうけれど、ツンツン惣菜はNGですね(笑)。



<スポンサーリンク>