FIELDOOR ぶら下がり健康器 (耐荷重120kg)到着!そして組み立て

「来ましたね、お父さん。」

「早かったね、サヨリちゃん。翌日発送、翌々日到着だったよ。」

「それにしても大きな箱ですね。こんなの組み立てられるのですか?、大丈夫ですか?、お父さん。マジで。」

「Amazonのレビューを読むと、早い人で30分、遅い人でも90分くらいで組み立てられるみたいだよ。じゃぁ~中を取って一時間くらいを目標にしてみるさ。」

スポンサーリンク

FIELDOOR ぶら下がり健康器の組立時間は一時間?!

「じゃぁ、箱を開けるからどいてくれない?、サヨリちゃん。」

「しゃぁ~ねぇ~なぁ~。チャッチャと組み立てて懸垂しましょう!。ボクがお父さんを見守ってあげましょう。カンバレー!。ファイト!。」

「箱を開けるとやっぱり凄いね、サヨリちゃん。それに部品が多いくて難易度高そうだね。」

「そうですね~。お父さんには無理そうですねぇ~。説明書に『安全のため、組立は2人以上で行ってください。』って書いてあります。1人で大丈夫ですか?。」

「1人じゃないもん!。キミがいるから。」

「ニャ!。」

「まずは、ダンボールを開けた時の臭い問題についてですけれど、確かにレビューどおり臭いですな。何だろ?、フェリーの香りとでも言いましょうか?。ペンキ臭が強く感じました。でも、僕の鼻が敏感じゃ無いのかも知れないのだけれど、慣れたらこんなものかな?。って思いました。世の中には香りに過敏な人も多いでしょうから、鼻が効く人は注意が必要ですね。」

「確かにダンボールを開けた瞬間はプ~ンと匂いますね。ボクも一瞬、そう思ったのですが、匂いを確認したのは最初だけでした。という事で、とっとと組立ちゃいな!、お父さん。」

「へいへい。工具が付いているから準備も不要だからね。今すぐ始めるよ。始めさせて戴くよ。」

「スヤスヤ・・・。」

「サヨリちゃんは眠ってしまいました。何でも組立作業は同じだと思うのだけれど、自立できるまで組み上がれは後は楽です。ここまでで10分くらい掛かりました。そして、そのタイミングでケータイコールが鳴りました。」

「誰ですか?、煩いにゃ~。」

「まさかの、手造り作家さんからのお電話です。」

「久しぶりの手造り作家さんからですか?。Twitterもあしたさぬきも更新ストップしていたから心配していました。ご無事で何よりですニャ。」

「それは良いけど、サヨリちゃん。電話の時間が17分だったからね。それは最後に差っ引かなければいけないね。それと、肩こりが何とかだからって、後でぶら下がりに来るって。」

「大丈夫ですか?。懸垂バー、折れませんか?。」

「大丈夫だと思うよ、120キロまで耐えられるはずだから。」

「そっかなぁ~・・・・。」

「そんなこんなで組立完了したよ、サヨリちゃん。12時から始めて13時に終わったから1時間で終わってしまったね。通話時間17分を差っ引くと、43分で終わってしまったよ。」

「ボクの予想では挫折するはずだったのですけれどね。よく出来ましたニャ。ぶら下がってみた感想はどうですか?。」

「1万円も出しただけあって、しっかりした造りだよ。めっちゃ安定しているわ。バーをカバーしているゴムの部分は耐久性が弱そうだから、そこはいづれ補修が必要になると思うよ。お父さんは、結構、荒い使い方をすると思うんだ。だから、これくらいしっかりしてくれると有り難いね。ちなみに、僕の体重は60キロくらいだから、そして、これから痩せるはずだから。相当無理しても大丈夫そうだよ。」

「そうですか。では、これから懸垂連続10回!。それくらい出来るでしょ?。」

「何を言ってる、サヨリちゃん。さっき懸垂してみたら、3回しか出来なかったよ。5年前は10回くらい楽勝だったのに、想像を越えた弱体化に涙しているところだよ。」

「じゃ、これから地獄ですね。にゃ、にゃ、にゃ。組立と同じように、懸垂も一緒に頑張りましょう!。ボクは、いつでもお父さんの味方です!。」

「キミはずっと寝ていただけじゃない?。」

今日のお買い物

FIELDOOR ぶら下がり健康器 (耐荷重120kg) by Amazon

注文日:2017年9月28日(15:52)
到着日:2017年9月30日(10:00)
価格:10800円(送料込)
組立時間:約1時間

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク