Illustrator CC (2017)で文字にフチを付ける方法

知り合いから

「チラシ広告を作って欲しい!!!。」

という依頼が舞い込んで来ました。困ったことに使用アプリはIllustrator。これまでの記事でもチョクチョク出ていたアレです。

さて、私のPCので動くのやら操作方法やらで問題だけは山積み状態。しかし乗りかかった舟なのでどうにかしてみようと思います。

そこで、10日間の試用期間を経てからのIllustrator CC。Illustrator cc は、1ヶ月間だけ使えれば良いので月々払いで決算しました。

もしも・・・30日間でIllustratorが使いこなせるようになってしまえば続けて使うかも知れません。

スポンサーリンク

Illustrator CC (2017)で文字にフチを付ける手順

お題はチラシ。

真っ先に出来なければならないのが文字のフチ付けです。スーパーの広告などに赤文字で周りのフチが白い。まずはそういうのが必要。一応、やり方も理解出来たので記録用に簡単に手順を書きます。背景の猫は私の飼い猫です。真っ白な背景ではつまらなかったので入れてみました。ですから、背景事態には意味はありません。ては、文字にフチを付ける手順を箇条書きで!。まずは、アピアランスパネルの位置を確認してから始めましょう。

  1. 文字ツールで好きな文字を入力。
  2. 選択ツールで文字を選択。←これがミソ!。
  3. アピアランスパネルのテキストをクリック。
  4. アピアランスパネルの右上、「☓」の下をクリック。
  5. 「新規塗りを追加」をクリック。
  6. 同様に「新規線を追加」をクリック。
  7. ドラッグアンドドロップで新しく追加された塗りと線を入れ替える。
  8. これでフチどり文字の準備が出来ました。
  9. 後は色や太さを自由に変えて下さい。

効果を加えるものが文字だけに、文字ツールを使ってフチを付けようとすると出口が見えなくなります。先程まで私も、同じ迷宮を彷徨っていました。

文字を選択ツール(白抜き矢印)で文字を選ぶ事に気づいただけで問題解決。文字にフチを付ける作業が簡単に出来るようになりました。

でもね、文字にフチを付ける操作だけでもこの手順。果たして無事にチラシデータが出来上がるのでしょうか。

前途多難です(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク