やってみて!ホームボタンを3回押すと、iPad、iPhone、iPod touch の画面を白黒(モノクロ)に切り替える設定方法

iPadをガン見

パソコンやタブレットの画面をずっと見ていたら目が疲れませんか?。若い時には、そんな事も無かったのだけれど、老眼が入って来たなと思った途端、カラー画面が辛くなり始めたのは気のせいなんかじゃありません。冗談抜きで、アラフォーを超えるとカラー画面を見ながらの作業は拷問のようにも感じられてしまうものなのです。

それこそ、1980年代から1990年代前半には、モノクロディスプレイが当たり前のように販売されていました。液晶ディスプレイの初期型は高解像度こそ低いものの、目には優しい仕様だったのです。ですが現在では、仮にモノクロディスプレイが販売されていたとしても、価格が高過ぎて手も足も出せません。ですが、iPadのグレイスケールの切り替えを使えば問題も解決します。

僕はブログ記事をiPadで書いています。時には数記事をまとめて連続で書いてしまったりもします。その後で必ず後悔するのだけれど、その理由は決まって酷く目が疲れるから。ですが、グレイスケールに切り替えた事で目の疲れが大幅に軽減されました。

やはり、長時間カラー画面を見続ける行為は老体には毒のようです。

スポンサーリンク

グレイスケールへの切り替えは、ホームボタンを3回押すだけ!そんな裏技の設定方法

ホームボタンを3回押して、カラーとグレイスケールへ切り替える方法は、iPad、iPhone、 iPod touch、全てに対して有効な方法です。その手順は、まず設定ボタンを押す事から始まります。

そして、一般からアクセシビリティへアクセスし、

1番下のショートカットから

カラーフィルタを有効にします。この設定を行なえば、カラー表示とモノクロ表示に切り替えをホームボタンを3回押す事で出来るようになります。

若者は、お父さんやお母さんに教えてあげて

若者にとって、モノクロよりもカラーの方が画面が見やすくて当たり前。ゲームをするのなら、カラー表示は必須なので、モノクロ表示の意味が分からないと思います。ですが、40歳を過ぎると、みんなゲームに興味を示さなくなりますよね?。それって、ゲームが嫌いなのでは無くて、画面を見るのが辛いからなのです。

ですが、スマホやパソコン画面を見なければならない場合も多く、ゲームをせずに眼力を温存しているに過ぎません。もしも、ご両親がiPhoneなどを利用されているのなら、このホームボタン3回で、モノクロ画面に切り替える設定を教えてあげるのは如何でしょうか?。

きっと喜んでくれると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク