iPhone SDカードリーダー、カメラデータをiPadに取り込む用として購入

写真

もうね、面倒、面倒臭いったらありゃしない。

前記事でワイヤレスキーボードのレビューを書いたのだけれど、それと一緒にiPhoneやiPadで使えるSDカードリーダーも一緒に購入しました。というのも、ミラーレスカメラで撮影した写真をブログで使うのに毎回パソコンの電源を入れるのが億劫なのです。

スポンサーリンク

ブログの更新を全部iPadで完結したい

最近、iPadからの更新に慣れてしまって、パソコンを起動させる事が面倒になって来ました。ブログ記事を書き始めると、ミラーレスカメラのデータを加工する為にパソコンを起動させて、マイクロSDカードの画像情報を取り込む儀式が執り行われます。ちなみに僕のパソコンはデスクトップ型。

それはそれで、儀式をやれば済むお話なのだけれど、出来る事なら全ての作業をiPadでやっちゃいたいわけです。だったら写真撮影もiPadに任せれば良いのですが、痩せても枯れてもミラーレスカメラ。写真の質という観点ではiPadでは到底太刀打ち出来ません。餅は餅屋という事です。

ならば、ブルーツゥースやWi-FiでカメラとiPadを繋げば良いじゃない?。でも、そんな魔法のような機能なんて僕のミラーレスには装備されていません。そして、新しくカメラを買うなんて予定もありません。ちなみに、ワイヤレスなSDカードを使う手も、僕のミラーレスでは使えません。なんせ、マイクロSDがカメラの記録媒体なもので…。

そこで、いつものAmazonさんでiPad用のSDカードを探す事に。SDカードを探している間にお手ごろなキーボードを見つけてしまって一緒に購入の流れとなりました。完全にAmazonの術中にハマってますね(笑)。

iPhone SDカードリーダー

今回、購入したSDカードリーダーの購入基準は、いつもの価格とレビューから選定。Apple純正が間違い無いのですが、少しでも出費を抑えたい気持ちは皆同じですよね。

で、事務局に届いたSDカードリーダーの名称は、

iPhone SD カード リーダー Micro SD カード リーダー USB カメラ アダプタ OTG機能 写真とビデオ伝送 メモリー スティック Lightning ライトニング SD カード カメラ リーダー SD/SDHC/SDXC/micro SD/micro SDXC マイクロ SD カード リーダー IOS 9.1 以降 (ホワイト)

という長い長い名前です。

結論から言ってしまえばアタリ!。

SDカードリーダーをつなぐだけで直ぐに使えるという便利さ。何も考える必要はありません。

あとは必要な写真を選んで読み込めば作業完了!。これでパソコンの電源を入れる回数を減らす事が出来ます。

先ほども述べましたが、僕のパソコンはデスクトップ。従って作業する場所を限定されてしまいます。一方、SDカードリーダーがあれば、ミラーレスとiPadとのセットで持ち歩くだけで、思いついた瞬間から作業を開始する事が出来ます。

それは、デスクトップのある部屋でも同じ事。暖かい季節ならそうでもありませんが、寒くなると出たく無くなるでしょ?、コタツ。そう、人間をダメにすると言われるコタツの中で、全てを完結させる事だって可能なのです。(画像はコタツの中のわが家の猫さま)

ただし、このリーダーにも問題がありまして、iPadへの取り込みは可能なのだけれど、iPadからSDカードへの書き出しは出来ません。ということで、iCloudを使ってiPadの中の写真はパソコンへ自動で転送する設定に。これで、iPadのデータが溜まった頃にパソコンの電源を入れれば自動的にパソコンのハードディスクへ写真が記録されます。

2018年版の新しいiPadは、Appleペンに対応していて価格も昨年に続いて据置き。これだけ便利になってしまうと、今度はそっちへと心がぐらついている今日この頃です。

宝くじでも当たりませんかね?。