KETTLEBELLKON(ケトルベル魂)パワーウエイトベスト

「まだ早いって!、お父さん。」

「そっかなぁ~。」

「早すぎですよ、まだ、1ヶ月も経たないうちに。」

「そっかなぁ~。でも、Amazonのほしいものリストには登録するから。」

「とりあえず、完璧な懸垂が10回出来るようになってからで良いと思いますよ。続くかどうかも分からないんだから…。」

スポンサーリンク

KETTLEBELLKON(ケトルベル魂)パワーウエイトベストがよさげ

「買う前には必ずボクの許可を取って下さいね、お父さん。ボクはアナタのトレーナーなのですから。テストもしますから。」

「分かっていますよ、サヨリちゃん。でもさ、これよさげじゃね?。『KETTLEBELLKON(ケトルベル魂)パワーウエイトベスト もっと激しく効率よくエクササイズ、トレーニングを行いたい方向けの必須アイテム』名前もいいぞ!。

「今のお父さんには必要無いです。懸垂が死ぬほど出来て、スクワットも飽きるほど出来るようになってからでも遅くはありません。急激に負荷をかけたって長続きしませんから。今の状態を継続する方が先決です。」

「そっかなぁ。北島達也先生が『限界を1回越えれば脳のスイッチが入り、それだけで筋肉肥大が起こるのです。』みたいな事をyoutubeで話していたけどなぁ~。これ装着したらさ、それだけで限界越えているじゃない?。根性で懸垂を1回だけ出来たら、僕の脳にスイッチが入ると思うんだけれど。『神の7秒間ルール』の動画見てみよう!。」

「まぁ、そういう事なんでしょうね。北島達也先生は知りませんが。ボクのトレーナーでは不足なんですね。」

「そういうわけじゃないのだけれど、1回追い込むだけってのが魅力的でしょ?。」

「そっかぁ…ボクでは不足かぁ~。」

「そうじゃ無いって。サヨリちゃんは精神的に大きな力になっているから。よっ、サヨリトレーナー!。」

「そう?。」

「そうだよ。サヨリトレーナーあってのキジとらストリートワークアウトだよ。サヨリちゃんあってこそだよ。」

「そっかなぁ~。しょうがないな~。じゃぁ~。」

「じゃぁ~?。」

「なんちゃらかんちゃらパワーウエイトベストは、懸垂が楽々と20回くらい出来るようになってからですにゃ。それまでは、お預けですにゃ。当然ですが、テストもします!。」

「そんなん、一生無理やん!。」

スポンサーリンク