【舞茸】オレはMXフラクションで痩せてやるぜ!【難波宏彰先生】

「にゃ、にゃ、ニャンですか?、このキノコは!。突然、乗せられたらビックリするでしょ!、お父さん。」

「ゴメン、ゴメン。昨日さ、クリスマス・イブまでに3キロ痩せたらクリスマスケーキ食べても良いって話になったっしょ?。で、お父さんは本気でリサーチしてみました。」

「にゃにを?。」

「楽して痩せられる方法をだよ、サヨリちゃん。」

「その結論がキノコですか?。まぁ、カロリーも低そうだから、今までのメニューとの置き換えで痩せられそうな気もしますね。でもね。」

「でもね?。」

「今のお父さんのメニューって、今でも野菜中心ですからね。カロリー的な側面から見ても画期的だとは思えませんが。それなら、毎日、10キロくらい走った方が現実的かと思いますよ。」

「そんな事、出来ないの知ってて言ってるだろ?、サヨリくん。お父さんは、走るの嫌いなんだって。有酸素運動は大嫌いなの!。だからMXフラクションに賭けてみます。」

「MXフラクションって何よ?。薬ですか?。薬はいけませんよ、薬に頼っちゃ~。人間が終わっちゃいますよ。薬は本当に怖いんだから。」

「安心してよ、サヨリちゃん。MXフラクションっていうのは、あるキノコに含まれる成分だから薬じゃないよ、食品だよ。」

「で、そんなんで痩せられるの?。理論的に説明せよ!。」

「御意。」

スポンサーリンク

MXフラクションで痩せる原理

「MXフラクションの入っているキノコは舞茸(マイタケ)だよ。双子芸人のザ・たっちさんやキンタロー。さんもマイタケダイエットに成功しているんだよ。」

「でも、芸能人ですから結構無理して痩せているんじゃないですか?。ギャラも発生しているし、テレビの企画では失敗も許されないだろうし。」

「最初はね、そう思ったのだけれど、サヨリちゃん。神戸薬科大学の難波宏彰名誉教授の研究によると、マイタケの中に含まれるMXフラクションは内臓脂肪と血液中の余分な脂肪を取り除いてう○こと一緒に排泄してくれる効果があるんだって。がん予防にもなるみたいだし。」

「わかった!。内臓脂肪に着目したんですね、お父さん。計測の度に内臓脂肪を気にしていたから。」

「その通りだよ、サヨリちゃん。一般的にも贅肉よりも内臓脂肪の方が取れやすいって言われていたので、これはイケそうな気がしたんだよ。腸の蠕動運動(ぜんどう うんどう)も活発になるそうだから、う○こも今以上にモリモリ出るかも?。夢がモリモリやでぇ。」

「ホントかなぁ~。夢がモリモリって…。」

「ダメ元で、ここは乗っかるしか無いっしょ!。毎日100グラムを一週間続ければ、何らかの効果が表れるそうだよ。なので、一週間くらいやってみるさ。」

「出た!シャア語録。」

「ちなみに、スーパーで1パック100円以下でした。経済的でもあります。でもね、100グラムってこれ1個なんだよね。多すぎるので半分でやる事にしました。」

「まぁ、1パック100円ならやってみる価値はありそうですね。マイタケの調理に何かルールはありますか?。」

「大きなルールは無いのだけれど、強いて言うなら、

  • MXフラクションは、水に溶けやすいのでスープまで飲み干す事。
  • MXフラクションは、加熱すると分解されやすいので長時間加熱しない事。

この2点くらいかな。でも、テレビの実験ではご飯と一緒に炊き込んでも効果が出ていたので、熱に関してはあまり気にしない事にしたよ。」

「どんな料理で頑張るの?。色々作って楽しむの?。」

「味噌汁一択でやろうと思いますよ、メニュー考えるのが面倒なので。加熱しなくても良いのなら、ミキサーに野菜とシーチキンをぶっ込んで、ガリガリってジュースにしても良いかもね。兎にも角にも結果は来週の計測で分かるよ。フッフッフッ。」

「この人・・・マジでジュースを作りそうだにゃ・・・。生でも食べそう・・・怖っ。」

ダイエットで実施中のメニュー(2017/10/24現在)
・懸垂
・スクワット
・アブローラー
・マイタケMXフラクション
以上!
スポンサーリンク