毎日新聞HPで、ほぼ毎日猫1匹紹介中!

毎日新聞「まいにち一日一猫(mainichi.jp/neko/)」では、プロカメラマンが撮影した猫たちをほぼ毎日1匹紹介する予定だ。毎日、プロの手による猫の写真が見られるのは嬉しい。プロの視点から撮影された猫の姿から何を思い描く事が出来るのかを考えると、今から楽しみでもある。だが、嬉しく思う反面、逆に不安に感じる部分もあった。

毎日新聞中部報道センター写真グループの山口政宣カメラマンが各地を歩いて出会ったチャーミングな猫たちを(ほぼ)毎日1匹紹介します。

スポンサーリンク

懸念材料は猫ブーム

ラーメンブームならラーメンネタ。うどんブームならうどんネタ。そばブームならそばネタ。今は猫ブームだから・・・猫写真?。2016年2月。毎日テレビで猫の話題が出ない日は無い。猫の話題を入れれば視聴率が稼げるのだから、猫を使いまくる手法はビジネスの上で決して間違いでは無い。そして、毎日新聞の「まいにち一日一猫」に関しても、時代に沿った企画だと思う。

だがしかし、今の猫ブームは秋まで残るわけも無く、猫の次はどれにする?。そのような状況になるのは目に見えている。そうじゃなければ、小島よしおも杉ちゃんも毎日テレビに出ているわけで。そんな少しだけ先の未来が見えているのにも関わらず、「まいにち一日一猫」を掲載するのなら、可能な限り永く継続して欲しいと猫を飼っている猫好きの立場から言わせて頂きたい。

一瞬のブームに乗っかった企画であるのなら、せめて「100日限定!まいにち一日一猫」くらいの期限を切った方が見ていて気持ちが良い。「まいにち」を唄うのだから、最低でも10年間。この企画を頑張って欲しいと切に願うと共に、「まいにち一日一猫」を応援したいとも思う。

猫ブームなんて横に置いて、素敵な猫の写真を「まいにち」見せて下さいね(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク