どうしよ?わが家の猫様には誕生日がありません。

Twitterを始めた。

まだ、日は浅いけれど膨大な数の猫ツイートに驚く。

タイムラインを流れるツイートの中には、

今日は猫ちゃんのお誕生日です!

的なメッセージも流れて来る。

そもそも、わが家の猫様の誕生日は不明である。

猫様を初めて見た時、既にそこそこ大きかった記憶しか残っていない。

スポンサーリンク

気が付けばうちの猫?

2016-07-16 キジトラ、トイレまでの道のり2

誕生日はおろか、正確な年齢も分からない。

大雑把に6~8歳の間ではなかろうかと思う。

そんなわけで、猫様の誕生日を祝った事も無い。

しかし、それでは猫様が不憫に思える。

せめて、わが家の子になった日でも分かっていれば救いもあるのだが。

そもそも、本来の飼い主である息子ですら、

何月何日に我が家の猫になったのかも記憶していないのである。

もう、お手上げ。

お祝いのしようがない。

まぁ、何もかも分からないのだ。

勝手に決めても良いじゃないの?。

という事で、わが家の猫様の誕生日はクリスマス。

絶対に忘れないし、

ケーキもおご馳走も用意されている。

クリスマスケーキにローソクを立てて、

嘘の誕生日をお祝い。

誕生日は出鱈目だが、

何も無いよりは、猫様も幸せだろう。

さて、

今年の誕生日は、何食べる?(笑)。

ちゅーるを抱きしめて放さないキジトラ猫

ちゅーるですか。

そうですか(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク