愛猫との出会いはどこでした?私は家の前でした。

愛猫との初めての出会いはこんな感じ

さて、みなさん。(浜村淳風)

奥様と初めて出会った場所、

恋人と初めて出会った場所、

正確に覚えていらっしゃいますか?。

中には、

「何処だっけ?。」

そんな方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、愛猫となると話は別。

ほぼ100%の方が覚えている事でしょう。

スポンサーリンク

今日から猫イラストに挑戦します(13日目)

2016-07-16 キジトラ、トイレまでの道のり2

そんな私の場合は、家の前の道で出会いました。

後で知った話ですが、

その時、既に我が家に住んでいたそうです。

子供がこっそり猫を保護。

なんて心優しい子供なのでしょう。

そう言ってやりたいところですが、

どうやら、女の子を連れ込む口実として猫を引き込んだ。

それが真実だったようでもあります。

話は元へ戻して、道端でばったり出会った猫。

見た感じ1才くらいの若い♀猫。

それが、我が者顔で玄関のドアを開け家に入って行くのです。

猫に免疫の無かった私にとってアンビリーバボーな経験でした。

猫がドアを開けただけでも、(* ̄□ ̄;) オゥッ!!ってな感じです。

あれから、

  • 子供、猫育児放棄
  • 嫁、猫飼育放棄
  • 猫、私のこたつ占拠
  • 猫、妊娠か?
  • 猫、原因不明で死にかける
  • 猫、獣医行ったら即入院
  • 猫、お腹に管が通される
  • 猫、数日後帰宅
  • 猫、♀のはずが♂だと判明
  • 子供と嫁、猫看病
  • 嫁、病院から20万円請求される
  • 猫、結局私の元へ返還される
  • 猫ノミ大発生
  • 俺、猫ノミ撃退

などの事件を起こしつつも、

毎日、夕暮れ時になると、

我が家の猫様の顔が浮かぶようになってしまいました。

毎日一緒に暮らしていると、そうなっちゃうんもんですかね(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク