とにかくとに麺 ぶっかけ冷(大)と新田町のひまわり畑

とに麺 ぶっかけ冷大2022
香川県・うどん・遊び場

───まはる行こ。

先日の記事に書いたのだけれど、コロッケをお目当てにうどん家まはるへバイクを走らせる。南空、曇天、雷鳴、こりゃ〜かなりヤバい。心ざわめく夕立の予感。知っている裏道全て使い、可能な限りショートカットでまはるに着いたら休みだった。

───なんでなん?。

休みは休み、嘆いても始まらない。近くのうどん屋、近くのうどん屋…。ちょい向こう側に大きな赤い看板のうどん屋あったな。入った事ないし行ってみるべ。徐々に雷音近づく昼下がり、とにかく信号1つ向こうの看板目指して突き進む。

とにかくとに麺 看板

───とにかくとに麺。

雷雲が来る前に、とにかくここに来たのだけど、こっちもとにかく、とにかくランプは点灯中。よし、イケる。昼飯に在りつける。───ぶっかけ、冷、2玉。

僕の夏の定番、やっぱり今日もぶっかけ冷である。トッピングには、まはるで逃したリベンジコロッケ。期待半分、不安半分。初めての店はいつも怖い。だってそうでしょう?、ハズレだったら、午後からのモチベが維持できない。写真撮ってもブログの記事になる事もない。つまり、無駄足なのだから。

───うどんの上にレモンが1個。

とにかくとに麺 ぶっかけとコロッケ

そこから始まる盛り付け技量が問われる作業。ネギの花言葉は挫けない心。俺はやる、そして勝つ!。慌てず、騒がず、欲張らず。刻みネギを乗せ、大根下ろしを乗せ、おろし生姜を盛りつけた。修行が足りない、仏作って魂入れず、肝心なモノが抜けている。30点の仕上がりだった。センス無いなと思いながら、ドコモの1円スマホでパシャリ。密かにスマホデビューを果たしたけれど、受付のお姉さんのインパクトが凄すぎて、話が長くなるので今度に回そう。

とに麺 ぶっかけ冷大

───う〜ん、やわらか麺好き向けですな。

前回書いたとおり、僕は固麺がお好き。とに麺は、固いというよりもっちりした麺腰だ。裏を返せば、固い麺はそれほどな人にオススメの店。固麺、柔麺、太麺、細麺、味の好みは人それぞれ。様々なタイプのうどんを記憶は無駄じゃない。讃岐人たるもの、それは教養であり嗜みでもある。

───もちもち麺なら、とにかくとに麺で記憶しとこ。

うどんを半分食べ終えて、コロッケを頬張るとミラクルが訪れる。ありゃ?、衣がサクサクやん。この食感、この歯触り、この音。これだよこれ、この衣が欲しかった。みーつけた、目指した味がここにいた。

───午後から良いことありそうだ。

チャリなら、徒歩なら、絶対に通らない。そんな坂道をバイクで走ると大きなひまわり畑が目に飛び込んだ。「新田町の農家のひまわりが人気だよ」そう、噂で耳にしていたけれど、そのひまわり畑がここなのだろう。近くで見なくても大迫力だ。下まで行くか?、否、仕事!。

新田町のひまわり畑2020

───とにかく、すぐに良い事あった。

本日もご安全に。


キジとら - にほんブログ村