スマホで絵本!「ひとりぼっちのノラ」が泣けて困る

ネット動画
この記事は約5分で読めます。

最初の画像はスマホアプリ「ひとりぼっちのノラ」のインストール画面です。2016年6月13日(月)、累計5万ダウンロードを突破したそうなのでお試しでインストールしてプレイしてみました。

スポンサーリンク

殺処分を知っていますか?から始まる「ひとりぼっちのノラ」

ひとりぼっちのノラ「殺処分を知っていますか?」

ひとりぼっちのノラのは、

「殺処分を知っていますか?」

という文面から始まります。(BGM流れます。)

ハッピーエンドが見られるとは思えない滑り出し。とっさに過去に見た、「ある犬のおはなし ~殺処分ゼロを願って~」という作品が頭を過りました。このお話は「ひとりぼっちのノラ」のレビューの後でご紹介します。

お母さんも兄弟もいないノラはいつもひとりでした。
体は小さくて、いつもほかの野良猫や動物たちにイジメられていました。

しかし、ノラはほかの野良猫たちよりもとても速く走れ、とても高くジャンプできたので逃げるのが得意でした。
そんなノラでしたが、ある日突然人間に捕まってしまいます。

保健所に捕獲されたノラ。保健所で太った男にいじめられます。そんなノラに手を差し伸べたのがメガネ。過去にノラと良く似た猫を飼っていた事で、ノラに餌を与えたり話しかけたりしました。人間に対して不信感を持っていたノラもメガネに少しづつ心を許します・・・。殺処分決定間近なノラの運命は?。

スポンサーリンク

ネタバレ出来るけど止めて置きます

最後まで「ひとりぼっちのノラ」を見ました。予想よりもかなりの時間を必要としました。そして広告がなんだかなぁ~。今、ネタバレも全然出来る状態になりました。ですが、物語としてのレビューはここまでにします。そして、ネタをばらしているブログもあろうかとは思いますが、ご自分の目で1ページずつご覧いただく事をお勧めします。ネタバレを読んでからの、「ひとりぼっちのノラ」はおススメ出来ません。最初にネタバレを知ってしまうと、後で凄く損をした気持ちになると思いますよ。

ここから先は、な~~~も書けねぇ~(笑)。

文中にも書きましたが、「ひとりぼっちのノラ」は無料スマホアプリです。ですから、ドンドン先に読み進むことは出来ません。直ぐさま続きを見たい人は、画面右下の「メニュー」から回復かんづめを購入する事で時間の短縮が可能です。広告がアレ・・・マジでアレ・・・ですが、合間、合間でゆっくりと読む方が感情移入はし易いかな?。とも思いました。BGMも良かったです。

もしも可能であるのなら、将来、絵本にして欲しいお話です。その時は是非購入しようと思います。いや、本当に自分は買うから(笑)。

あ、「ひとりぼっちのノラ」のお話。皆さんの想像以上に長いお話です。ゆっくりと少しずつ楽しむのもアリでしょう。たとえば、寝る前に溜まったポイント分だけ見るとか、逆に、朝起きたらポイント分だけ見るとか、通人電車の行き帰りに楽しむとか。一気に読み進めなくても十分楽しめます。でも、最初の方は一気に見たいストーリーですから・・・私も一気に読み進めました(笑)。

スポンサーリンク

最後に一言

「ひとりぼっちのノラ」というお話。アプリのレビューやブログ記事などを読むと、皆さん泣いたり感動したりしています。私とて同じ気持ちになりました。ですが、一気に見る事が出来ればもっと感情移入できたのに・・・。連続してみる事が出来ないので途中で気持ちが途切れてしまうのが非常に残念でした。やっぱり、絵本にして欲しいなぁ~(笑)。

それと、最後のポイントはマックスで一気に見ましょう!!!。ここ、大事です。

一人で見るのは勿体無いので、ぜひ、お子さんやお孫さんとぞうぞ。

スポンサーリンク

「ひとりぼっちのノラ」入手先

「ひとりぼっちのノラ」アプリは以下で入手出来ます。

スポンサーリンク

「ある犬のおはなし ~殺処分ゼロを願って~」

YouTube

「ある犬のお話」は、「ひとりぼっちのノラ」と同じ保健所が舞台です。いい加減な飼い主に捨てられた犬の悲劇を優しいタッチで描いた物語。優しい絵とは違い、その内容は身勝手な人間が引き起こした残酷な物語。

処分され、全て解き放たれた犬が向かった先は他でもありません。優しかった飼い主が待っているはずの家。人間の残忍性と犬の忠実性を凝縮した1枚の絵で「ある犬のお話」は締め括られます。自分にとって、このラストはある種のトラウマとなった一枚でもあります。

猫も犬もおもちゃや遊び道具ではありません。毎日繰り広げらる保健所での悲劇。誰が好き好んで犬や猫を殺処分しますか?。誰が保健所の職員を攻められますか?。

猫ブームの後に起こり得る問題を懸念する人々が多いのは、このような現実を分かっているからなのです。動物に対していい加減な人間を増やしたく無いから猫ブームが心配なのです。

「犬が欲しい」

「猫が飼いたい」

これから、動物を飼おうとお考えの方。動物を飼うということは、大きな決断と覚悟が必要だという事を肝に銘じてからにして下さい。そして、保健所で死ぬ事だけを待つ、多くの動物たちが現実に存在しているという事実を少しだけ考えてみて下さい。

赤ちゃんや子供の頃の動物は愛らして可愛いです。そして、大人になっても愛情を注ぎ続ければ、その気持ちに必ず答えてくれる存在です。

キジトラ猫 008

写真は、わが家の猫様の寝顔です。

うちの子になって本当に幸せなのかどうかは分かりません。

  • 呼んでも来ない汚い猫。
  • 抱っこすると容赦なく引っ掻いた猫。
  • 人の晩飯を泥棒しやがった猫。

最初、私はこの猫が嫌いでした。というよりも、嫌いになろうと頑張ってました。だって、ペットは自分よりも早く死んでしまうのですから。それが一番嫌な事。

それでも今は、最も私を癒してくれる大きな存在になっています(笑)。

タイトルとURLをコピーしました