猫の爪穴!ダイソーの網戸補修シールでDIY

100均グッズ

蝉のように網戸にぶら下がる我が家の猫さま(以下、サヨリちゃん)。これを見ると夏を感じると同時に、言いようの無い脱力感。ひどい時は、網戸につかまったままの姿勢で、網戸が枠から外れて一緒に落下。そんな武勇伝も今は昔。

サヨリちゃんもすっかり高齢になってからは、そんな事もしなくなったのだけれど、猫にとって網戸にはロマンがあるようで、網戸の下の方に爪痕だけは残すようです。

でも安心してください!。今は100均で小さな穴を塞ぐシールが販売されています。今年は必要なさそうな雰囲気ですが、ダイソーで見つけたので買って来ました。

スポンサーリンク

ダイソーの網戸補修シール

猫を飼っている方なら一度は目撃したであろうスパイダーニャン。爪を網に引っ掛けてグングン登る姿が可愛く感じるのは1回目だけで、2度3度と重なると軽くオコな気分になってしまうのも仕方ありません。

サヨリちゃんが現役バリバリの頃、小さな穴から容赦なく侵入して来る蚊に備えて、何度、網戸の張替えをした事でしょう。大きく破かれてしまったのなら諦めも出来ますが、1センチほどの穴の為に網戸一枚を張り替える時の、何とも言えない解せない気持ち。

でも、網戸補修シールなら、最大4センチ程度の穴に対応出来ます。穴の空いた部分の周りを雑巾で水拭きして、網戸が乾いたら補修シールを貼り付けるだけ。

もしかしたら、4〜5年前からあったのかも知れませんが、僕的には大きな発見でした。

ちなみに、窓1枚用の大きな網戸もダイソーでに販売を確認しました。なので、網が致命的な打撃を受けても100円で補修可能です。僕の記憶が正しければ、網戸の張替えを頼んだら3千円ほど必要だったので、100円で済むのならお安いものです。

このところ気温は35度近辺なので、蚊の動きも大したことはありません。しかし、少し涼しくなったら本気で人間を狙って来るので、網を猫にいたずらされたら即補修が鉄則です。