まぁ普通?ペヤング 激辛やきそばを食べてみたけれど

グルメ

「その辛そうなのは何ですか?、お父さん。」

「ペヤング激辛焼そばだよ、サヨリちゃん。」

「それって辛いの?。」

「さぁ、ペヤングだから本気を出しては来ないんじゃないのかな?。」

「本当に?。」

「本当に、知らんけど。」

スポンサーリンク

ペヤング 激辛やきそば食べてみた

「めっちゃ辛そうですね、お父さん。血圧が上がっても知りませんよ。」

「おいおい、脅かしてたって無駄だから。ちゃんと身体の調整をしてから挑んでるから大丈夫だよ、サヨリちゃん。」

「ちぇっ、面白くありませんね、お父さん。ところで、激辛どこで買って来たの?。」

「元気になったら口が悪くなったんじゃね?、サヨリちゃん。元気になったのは良いのだけれど、口が悪くなったよね?。」

「そうですか?。」

「そうですよ。」

「まぁ、気にしないで、次!行ってみよう!。」

「長さんかよ?、ドリフかよ?。」

「出来ましたね、お父さん。」

「お湯を注いで3分待って、お湯を捨ててソースと混ぜるだけだから。小学生にだって作れるから。」

「まぁ、まぁ。食べてみてくださいよ、お父さん。三途の川が見えるかもしれませんよ。」

「おいおい、脅かしっこは無しにしようぜ、サヨリーヌ。」

「なんか洋画のセリフみたいになってませんか?、オヤジーヌ。」

「昔っからいつもいつもお前はそうだ!。なんでそうなんだ!、もう、うんざりなんだよ!!!。」

「まぁまぁ、少しは落ち着きな、ブラザー。お前はそんな奴じゃ無かっただろう?。家でママがあったかいディナーを作って待ってるぜ。」

「あぁ、悪かった。オレ、どうかしちまってたんだな。許してくれサヨリーヌ。」

「オッケー、オッケー。分かってくれたらそれでいいんだ。サヨリーヌじゃ無いけどな。」

「コイツ、いつものペヤングと違うぞ!。紅い何かが混ざってる。」

「そりゃそうですよ、お父さん。ゲキカラなんだから紅のだって混ざってますよ。さぁさぁ、ズルッとやっちゃってみて下さい。」

「ズルッとな。」

「如何ですか?、お父さん。辛い?。」

「ピリッとしたよ、サヨリちゃん。でも、それほどの辛さじゃないわ。」

「とかなんとか行っちゃって。後で辛さが襲ってくるタイプなんじゃ無いですか?。」

「残念。何も後から襲って来ないね。辛辛魚に比べたら、全然大丈夫。誰でも楽しめる辛さじゃ無いだろうか。」

「本当に?。」

「本当に。」

「マジで?。」

「マジで。」

「つまんにゃい!。」

「おい!。」

タイトルとURLをコピーしました