世界の猫の写真!ピースボート 世界一周 クルーズの旅より

ギリシャのキジトラ猫
この記事は約4分で読めます。

ねぇ、ねぇ。

ストロンボリ島って知ってる?。長年、人間生活を営んできたのだけれど、聞いたとも無い響、ストロンボリ。こりゃ〜お宝満載じゃん!。って思ったわけ。だって、世界一周だよ、クルーズの旅だよ、ピースボートだよ。

四国の片田舎から東京へ行くのとはわけが違うのわけで。ピースボートで世界一周クルージングなんて、年末ジャンボ宝くじが当たったら行ってみようか他所の国。万馬券が当たったレベルじゃ行けないとも思うし、結果的に行けないね

で、

ストロンボリ島の記事を書いたジーナちゃん。ツイッターを通してブログ友達になってもらったのだけれど、速攻、聞いたね、ダメ元で。

『記事ネタにしても良い?。』

って。

『写真掲載させてもらっても良い?。』

って。

そしたら

『いーよー!。』

って。

快く承諾して頂いたので、JiNA’S WORLD で宝探し。

403 Forbidden

ストロンボリ島に続くレア情報を求めて。

ちなみに、該当記事へのリンクが貼ってあるので、興味のある方はアクセスして見てね。旅行へ行った気分になれますよ(笑)。

スポンサーリンク

世界一周の旅で見つけた猫たち

で、

第92回ピースボート・クルーズの旅に参加したジーナちゃん。

アイスランド、アメリカ、イギリス、イタリア、インド、オランダ、キューバ、ギリシャ、グアテマラ、サントリーニ島、シンガポール、ジャマイカ、スエズ運河、ストロンボリ島、スペイン、バチカン、バハマ、パナマ、フランス、ベルギー、ポルトガル、マルタ、マレーシア、メキシコ、台湾の全25地域(2018年11月12日現在)

をわが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)と共に疑似体験中、ギリシャで気づいたのが猫、ニャンコ、キャット。猫いるやん?、めっちゃおるやん、ギリシャ。

ストロンボリ島で気づかなかったのだけれど、ギリシャに猫が転がってる写真発見。もしかしてだけどジーナちゃん、猫好き?。もしかしてだけど、猫の写真が詰まってるの?、このブログ。気になり出したら止まらないのが僕の悪い癖。

さっそく、世界の猫に的を絞ってまとめを開始!。

今回は、忙しくなりそうです(笑)。

スポンサーリンク

世界の猫求めて

ギリシャ観光・ピレウス港からアテネ市街へで猫

403 Forbidden

はい、ギリシャです。

猫が普通にギリシャの道を歩いています。

ギリシャと言えば、

パルテノン神殿とかギリシャ神話で有名な国。

ピンと来ない方も聖闘士星矢でお馴染みのギリシャ。

ギリシャのハチワレ猫。

ギリシャのキジトラ猫は日向ぼっこ。

ギリシャの三毛猫。

どの子ものんびりしています(笑)。

グアテマラ!交流ツアー『マヤ民族のお宅にホームステイ』で子猫

403 Forbidden

グアテマラではホームステイ先で子猫と遭遇。

猫はどこでも人気者です。

世界遺産!バチカン市国『タペストリーと地図のギャラリー』の猫

403 Forbidden

タペストリーの中の猫も逃しませんニャ!。

はちみつ色に輝くマルタ共和国・バレッタ港からの観光で猫

403 Forbidden

マルタ共和国の茶白猫。

凛とした表情でお座りしています。

台湾観光!キールン港から九份へ

403 Forbidden

おやおや、台湾にサヨリちゃんが(笑)。

この写真は追記したもので、2回目の世界一周に入った途端、この子を発見!。僕の世界一周猫探しは、まだまだ続きそうです。

スポンサーリンク

あとがき

現在のところ5ヶ国でニャンコを発見したのだけれど、ジーナちゃんの旅はまだ完結していなくて、今日はハワイ島の記事がアップされています。

僕の見逃しもあるだろうし、まだアップされていない写真もあると思われます。新たな写真を発見次第、このページに追加しようと考えています。

もしかしたら、何気ない風景写真の中に猫の姿が写り込んでいるかも知れません。今度はその辺を注意して写真を見ようと思います。

そんな意味で、

JiNA’S WORLD の世界一周旅行記が終わるまで、

この記事は続く事になりそうです。

今回はここまで!

次回もお楽しみに〜。

タイトルとURLをコピーしました