事務所に出勤して来た猫編集長の写真17枚

心霊写真? 写真
心霊写真?モノクロ版

猫ちゃんの写真が溜まって溜まって仕方が無い。

これをですね、全力でTwitter投稿しようものならバッシングを受けますよ。今さらインスタグラムも無いでしょうし、あるとすればピンタレスト。こっちはアカウントを持って実働中。だったらブログに上げちゃってピンするのが効率的。そこでワードプレスのギャラリーを使って見る事に。使い慣れていない機能。どんな表示になるのかは、出来てからのお楽しみという事で(笑)。

スポンサーリンク

事務所に出勤して来た猫編集長の写真17枚(2016年7月31日&8月1日分)

去る2016年7月31日から8月1日にかけて事務所にやって来られましたわが家の猫様。写真の撮影をあまりして無かったけれど、背景にすだれが入った初めての写真。室内は熱気でムンムンしていたが、写真で見ると涼しげに撮影されていた。二人で暑さに耐えながらの17枚。ぜひ、ご覧あれ(笑)。

愛機、キャノンIXY600Fの限界が近い

ブログで使用中のデジカメ

わたしが所有するデジタルカメラはキャノンIXY600F。2011年9月23日(金)に発売された機種なので5年前に購入した事になる。ホームページやブログなどで使用頻度は、ほぼ毎日。今でもバッテリーの状態は良く、まだまだ使えそうなデジカメである。異変が起きたのは昨年の今頃だったろうか?。カメラのレンズを隠す部分が閉まらなくなった。指で軽く叩くと閉まるが毎回それを行うのも面倒。気が付けばレンズむき出しな事も多々。

そうこうしている間に、目に見えてレンズの汚れが目立つようになった。それが写真に写り込むようになった。写真の一部分に丸い染みのようなものが写り込む。しかし、撮影した写真をトリミングする事で問題は解消されていた。だがしかし、数ヶ月前から逆光で撮影した写真全てにオーブ現象が起こるように。

猫編集長

オーブと言えばいわゆる心霊写真の類だが、わたしの撮影した写真のおいては全てレンズの不具合で起こる現象。この部屋が特別霊気を呼び込むワケでも無く、どこで撮影しても100%オーブ写真を撮る事が出来る。欲しい人だっているのでは無いだろうか?。欲しい方はTwitterからでもご連絡ください。新しいデジカメを購入したら、そちらの送料持ちで差し上げます。

そんなIXY600F。いつなんどき虹の橋を渡るやも知れません。わたくし事では御座いますがそれに加えて、

  • タブレットPC → 容量オーバーの危機
  • スマホ → パワー不足&ホームボタン故障

などのトラブルを抱えております。簡単に言ってしまえば、

  • パソコン
  • タブレット
  • スマホ
  • デジカメ

を買いそろえれば問題は解決。ですが、先立つものが無ければ解決出来ません。一度に買いそろえるのは無理。なので、購入順位を決める必要があります。本来、最初にパソコンの予定だったのですが、快適なTwitterライフが送りたくてスマホかタブレットの優先順位が上がりました。ですが、よくよく考えて見ると・・・、

  • 不便だけどPCは動くし2台も所有している事
  • そもそもスマホはもらったものである事
  • ブログもTwitterも結局は綺麗な写真

これらを考慮するとやっぱりデジカメの優先順位が高くなります。だったら、猫を撮影するのに一番適した最新機種を買ってやろうじゃないの。そんな気持ちになりました。

という事で、

  • 持ち運びに便利で、
  • それなりにお安くて、
  • 猫写真に特化したデジカメ

を8月の末に購入予定です。その後、9月末に中古デスクトップ。10月末にタブレットの購入する計画。もしかすると、タブレットを断念して、10月にグレードを上げたデスクトップPCを購入するかも知れません。

何はともあれ、まずはデジカメの選定を急ぎます。

キジとらは世界猫の日を応援しています

うちの子、仔猫でも無いし、特徴も無いし、何も出来ないでしょ?。だから、カメラの力を借りるしか道は無いのよね(笑)。

タイトルとURLをコピーしました