冬は基礎代謝が上がるのでダイエットに最適デス!

ダイエット

朝晩めっきり肌寒くなった今日この頃。汗だくで過ごした夏も過ぎ去り、空の色もすっかり秋めいてきました。食欲の秋と昔から言われますが、楽して痩せられる季節の始まりとも言えるのです。だって、夏場と同じくらい食べてるだけでダイエットになるのですから。

スポンサーリンク

勝手に痩せる原因は基礎代謝量

 

「ちょっと痩せましたか?、お父さん。」

「それ、最近よく言われるようになったよ、サヨリちゃん。ダイエットしてるのなら聞こえも良いのだけれど、お父さんも高齢だから、『病気なの?』って聞かれると凹むよね。」

「病気なの?。」

「そんなんじゃ無いよ、サヨリちゃん。お父さん、冬になると勝手に痩せます。」

「それは無いです。そんなのあり得ませんし、それがあったらノーベル賞ものですよ、お父さん。」

「まぁ、ファッションモデルさんのような体型にはならないけれど、標準体重くらいにはなれるよ、サヨリちゃん。」

「ご飯を食べないの?、食欲の秋なのに。」

「普通に食べるよ、サヨリちゃん。夏と同じくらいにね。」

「んが!。でもお父さんって、夏バテしないから結構食べてましたよね?、バカみたいに。」

「せやな〜、喰ってたなぁ〜。わっはは〜。」

「なに遠い目で語ってるんですか。わっはは〜じゃねぇし。そんなんで、本当に体重減るんですか?。」

「減るよ〜、2〜3キロだけど、普通に減る。キミだって、毎年、夏になると痩せるじゃない。『サヨリちゃん痩せたねぇ〜』って言われるとお父さん凹むんだよね〜。それ言われると、毎年、心が痛いんだよね〜。」

「夏のそれは痩せてるワケでは無くって、夏毛に生え変わると痩せて見えるだけですよ。お父さんだって知ってるでしょ?。」

「知ってる。抱っこしたら重いから、キミ。ふわふわ冬毛の頃よりも、むしろ重くなってっから。でもね、世間様はそうは見てくれないものなんだよ。やれ、痩せた〜、とか。やれ、ご飯食べさせるの〜、とか。結構、気を使っているのだよ、サヨリちゃん。」

「それはお気の毒ですね、お父さん。ところで、人間はどうして冬になると痩せ易くなるのでしょう?。」

「軽くスルーしちゃうのね?、お気の毒で終わらせちゃうのね。まぁ、良いけど、良いですけれど。」

「で、ニャンで?。」

「寒いから。」

「寒いと痩せるの?。ニャンで?。」

「人間だけじゃ無くって哺乳類って自分で体温調節が出来るよね?。キミだってそうだよ、自分で体温調節してるんだよ。」

「なるほどっ!。」

「あ〜、そのフレーズ嫌いやわぁ。上から目線で言われると腹立つわ。どっかのテレビの人みたいで嫌いだなぁ〜。」

「にゃるほど?。」

「それよそれ、そっちの方が1万倍かわええで。でね、体温を下げるよりも体温を上げる事の方が人間の体はカロリーを消費するのです。従って、基礎代謝が上がるので夏と同じくらい食べても痩せますよ、というワケ。食べ過ぎは論外だけど。」

「にゃるほどぉ〜。だったら、寒ければ寒いほどカロリーを消費するのですね。」

「そういう事。だから冬になるとお父さんは勝手に痩せるのです。」

「理解しました。でもね、」

「でもね?。」

「お父さんみたく暖房無くっても冬を乗り越えられるおっさんなら理論的に痩せる事は可能なのでしょうけれど、普通のお家って、お部屋の温度は20度くらいに設定されていますよ。従って、その理論は一般向けとは言い難いのではにゃいのでしょうか?。」

「何だって!。普通のご家庭のお部屋の温度はそんなにも高いのかい?。そういうのって、お客さんが来たときだけじゃ無いのかい?。メロン食べられるのは病気の時だけだよね?。普段はバナナで我慢だよね。そして、キミはコタツの中かい。」

「どこまで昭和発想なんですか?、お父さん。今や太陽光パネルが屋根に乗っかってる時代ですよ。冬にエアコンをガンガンかけていても不思議ではありませんし、屋根に太陽光パネルが乗っているお家ならそいう事ですよ。」

「そっかぁ〜。でも、お父さんは大丈夫だから。今年も普通に痩せるから。寒さなんかに負けない、負けやしないから!。」

「可愛そ過ぎるので、ボクが暖めて上げますにゃ。」

タイトルとURLをコピーしました