夏までに痩せる室内レイアウト

懸垂マシンの上の猫 ダイエット
この記事は約4分で読めます。

太った。太った、太った、太った。自分が太ったと明確めいかく自覚じかくしたのは朝目覚めた時だった。腹部ふくぶの脂肪が邪魔をして、上体じょうたいを起こして起き上がる事が出来なかったのだ。ひっくり返った亀のようにバタバタしながら我乍われながら情けないていたらくに朝から涙した。太った原因は分かっている、間食かんしょくと筋トレ不足だ。

懸垂ダイエットの復活である。

過去の経験上、10週間、すなわち70日で5キロの減量が見込める計算で、今からなら夏までには十分に間に合うはずだ。もう、自転車だけではどうにもならないと自覚した僕は、その夜、24時間筋トレがし易いよう、室内のレイアウトを愛猫あいびょうサヨリと共にストリートワークアウト仕様に模様替もようがえした。

スポンサーリンク

現実は厳しい!1週間で10キロ減なんてのは夢物語

ダイエット法はネットの中をまさぐればウジャウジャと出て来るものだけれど、1週間で5キロとか10キロとか痩せる方法はやってはいけない。僕も過去に1週間で10キロダイエットに成功した経験はあったのだけれど、それは断食だんじきという手段で精神にも健康にもよろしくない。当時25歳という年齢だった僕がたまたま運よく成功した事例であって、体力や基礎代謝がガクンと落ちた中年齢層には決しておススメ出来ない方法だ。したがって今の僕には100%無理なのだ。そもそも、短期間で痩せるなんて思考回路を最初から捨てて掛かった方が良いだろう。

160cm 62.5キロ。

これが今の僕。

全然大丈夫そうな数字のようにも思えるのだけれど、もうこれが僕にとっての限界で、これ以上体重が増えたりしたら簡単に痩せる事は出来なくなる自信じしんが十分にある。そこまで僕の精神力は強くも無いし、可能な限り楽をしてスリム化を目指したいし、ご飯だって普通に食べたい、腹いっぱい銀シャリを頬張ほおばりたい。なので、今回は筋トレ重視で食事制限は棚上げでダイエット計画を立てた。

したがって、筋トレ中もメロンパンをしっかり食べます。

自分の体重からダイエット計画を立てる

理想体重は55キロであるのだけれど、それは厳しい気がするので57キロを目標値とした。現在の体重から丁度ちょうど5キロ体重を落とすのが今回のミッション。70日をかけて5キロの減量を胡散臭うさんくさい健康食品のCMチックに説明すれば、

1日たった71.4285714…グラム痩せるだけ。出来ないハズが無いわけ無い簡単で確実なダイエット。しかも、今からならお盆までには間に合います。

こんな感じになるのだろうか。ただ現実問題として、1日70グラムという数字は実に困難。最初はスーッと体重が減ったりするものなのだけれど、それは至極しごく当たり前な人体の反応なのだけれど、ひとたび低迷期に入ってしまうと体重は減らない。びた一文痩せる気配が無くなる時期を乗り越えなければならない。普通はそこで気力がえてしまってジ・エンド。

だからこそ、ストリートワークアウト仕様に模様替えする必要性があったのだ。環境は人を変えるのだから。

三種の神器は懸垂マシンとアブローラーとフィットネスボール

懸垂マシン

まず、入り口に配置していた懸垂マシンを部屋の奥に移動させると、チョットしたSMクラブっぽくも見えなくもないのだけれど、懸垂マシンがデスクの真後ろに配置される為、デスクから立ち上がったら3歩で懸垂可能な状態にした。

さらに、台座代わりに使っていたコンテナを1か所に集めてアブローラー(腹筋ローラー)をし易いようにトレーニングスペースを確保した。

最後に2台あるチェア(椅子いす)は、お客様用と決めてしまった。今日から僕の椅子はバランスボールだ。

懸垂マシン、アブローラー、そしてバランスボール。これまでで効果的だと僕が実感したダイエットの三種の神器を総動員してダイエットに挑もうと思う。

懸垂マシンと猫

そして、今回もダイエットコーチはサヨリ監督。

まずはアブローラーで腹筋を固めてから懸垂主体に移行予定。ダイエットの結果はお盆の頃にしようと考えているのだけれど、出来る事なら7月中旬に何らかの結果が出ればよいと思う。

ちなみに僕の懸垂マシンは、サヨリのキャットタワーとしても機能しています。

タイトルとURLをコピーしました