2023-12-21

小説始めました

のんちゃんのブログ王〝020 じいちゃん〟

020 じいちゃん  3度目の審査の帰り道。  俺はじいちゃんの畑に寄った。オッツーからの助言もあって、じいちゃんと話がしたくなったのだ。俺には、じいちゃんに悩みを打ち明けた過去があった。 ───ブログをやめたい……。  そう、愚痴った日。  俺は中学卒業を間近に控えていた。俺の愚痴に、いつもトボケたじいちゃんが真顔になった。 「三縁も春には高校生か……」  そう言って、じいちゃんは黙り込んでしまった。しばらくの沈黙の後、決意したように口を開いた。 「この話は、ワシとお前だけの秘密じゃぞ。約束できるか?」 「……」  俺は無言で頷うなずいた。  小春日和の畑のベンチにふたり並んで腰掛けると、じ...