2023-12-30

雑記・覚書き

竜とレディーボーデンと凧の話

───2022年、去年の寅とら年。  大空に浮かんだ雲に竜の姿を僕は見た。  それは、自家菜園を始めた初日の話。それを皮切りに、友人との距離が大きく縮んだ。友人は、僕のブログの読者であった。僕と友人との距離を縮めたのは、竜ではなくて畑の方。偶々偶然、友人が自家菜園をしていたのだ。その知識とキャリアは、プロの域に達していた。否、野菜の研究者と呼ぶべきか?  突然、始めた自家菜園。それに友人は、少し興奮気味だった。コロナ禍、桃畑、オカンの怪我……偶然の要素が重なって、畑に着手した僕だって驚きが隠せなかった。 ……こんなことって、ある?  スタートが遅れた菜園で、トウモロコシの実を収穫する頃。突如、...