ブログ記事が書けない原因は集中力?執筆環境の断捨離で問題を解決

キーボードインターネット・SNS・ブログ
インターネット・SNS・ブログ

記事が書けない、何も思いつかない、そもそも書きたい事が無い…。PCから離れると色々頭に浮かぶのだけれど、いざ書き始めると、何も書けない。何ひとつ思いつかない。フリーザ様じゃなくてフリーズ。これはひとつの病なのでは?。ブログを書きたくないという心の病。僕だけがそうなのか、それとも、みんなも同じなの?。

取り分けて聞くような話でも無いのだから、真相は闇の中。その点について、心理学者でも脳科学者でも無い僕が、あーだ、こーだと論ずるのはお門違も甚だしい。だから僕が体験談しか語らない。語らないのでは無く語れない。批評、論評、ブログ論…。それは別のブロガー様にお任せです。そもそも、僕はそんな柄じゃない。

先日からブログ更新頻度が大きく上がった。常連様なら心配するレベルだと思う。それは、執筆に対する訓練の賜物。すげーだろ。記事読めよ。もっと褒めろよ。と言いたいがそうじゃない。今までと記事の書き方も変わっちゃいない。大きく変えたのは執筆環境。視覚に関する環境と音に関する環境の改革。ただ…それだけ。ぶっちゃけて申しますと、テレビ、ラジオ、YouTube(ネット動画)。その全てを遮断。後付けで根拠的な事も付け足すけれど、もっとも重要なのはひとつだけ。人間の脳は、シングルCoreで動いていまぁ~す。

スポンサーリンク

僕は、人間は、同時に二つ以上の事は出来ません。

人間は同時に二つ以上の仕事をすると著しく効率が落ちる。もしくは挫折。それはみんなも同じでしょう?。自分がシングルタスクだと認識した瞬間。僕は作業環境の断捨離を徹底して実行した。可能な限りの外的要因を断ち切った。耳には音の出ないヘッドフォン。イヤーマフを装着。その世界はまるで昭和の幼少期のよう。余暇、閑暇、暇、ひま、ヒマ…。無人島に置き去りにされたら、こんな気分になるのでしょう。そこでとある思考が働きます。「記事でも書くかい、ヒマだから」…と。

脳の働きが上がるのか。作業効率の向上がそう思わせるのか。その根拠も理由も分からないのだけれど、『時計の進む速度が遅くなる』不思議な事に現象が起こります。「え~っ。まだ、一時間経っていないのーーー!」みたいな。いつもとは真逆の感覚。次に訪れるのは「もう一丁書いとくか」。なんという前向きな僕。

この数ヶ月、割と頑張って記事を書いた。2000文字足らずの記事を書き続けて来た。下書き、お清書、誤字脱字のチェック、画像選別、画像加工、サヨリちゃん可愛い。Twitterやサーチコンソールへのアクションを経て作業完了。ひと記事あたりの所要時間はざっくり3~4時間。半日作業で、頭と、体と、目の体力を奪われる。もうひと記事へ手が届かない。思考回路が回らない。

テレビとYouTubeを止めました

iPadに前足を乗せる猫

最初に断ったのはテレビとYouTube。それだけで効果は上がった。ひとつ、ストレスが減った感覚だった。見たい動画もあるのだけれど、時間の無駄だと割り切った。執筆段階で必要な時までさようなら。なので、僕のテレビとYouTubeの知識は地に落ちた。最近の話題。ニュース以外は何も知りません。テンプレ化で高速作業。それは決して間違いじゃない。寧ろそうすべき。そんな考えもあったのだけれど、どのページも同じ構成で金太郎飴みたいのは趣味に合わない。

その代わりに本を読む事にした。大きな目的は文章の構成や文章の書き方を覚える事。以前とはまるで読み方が変わった。分からないワードは即座に意味を調べた。とある人気政治家風に伝えれば、即座に調べないと調べないから調べるのです。

kindleはワードの意味を調べるのに最適だ。そして、聴きなれない、もしくは、聞いた事のないワードの記憶に集中した。iPadとPC辞書への登録も欠かさない。登録件数が3000を超えた頃。いちいち調べる手間が省けた。確認はするものの時間短縮に大きく貢献したと言い切れる。ブロガーにとって読書は必須。

音のストレスからの解放

外が気になる猫

次に行ったのは音の遮断。僕は音に敏感な体質。大げさに言えば音アレルギー体質。外部からの音で集中力が途切れる嫌な体質。ならばいっそのこと耳栓をしてしまえ。単純な理由から所有していたイヤーマフを付け始めた。僕のイヤーマフ程度では全くの無音状態にはならないものの、消音は一定の効果を上げた。僕が所有するイヤーマフの細かい記事を書いていたのだけれど、捨ててしまったようでまた書きます。

もっとも消音効果を実感出来た事。それは、短時間で集中ゾーンへ入れた事である。人間の脳が集中ゾーンに入るまでの所要タイムは20~30分。そのゾーン持続時間は90分。大学の講義の時間が90分なのは、その理論に基づいて決められているのだとか。90分でひと記事。それが目標になり、それは容易に実現された。この時点で僕がした事は、何も無い状態を作り出した事だけだった。邪魔者を取り除いただけに過ぎない。

仕事中、頭の中で記事く。要点は必ずメモ。「無知は罪だけれど、馬鹿は罪じゃないものね。馬鹿は罪じゃなくて、罰だもの」戦場ヶ原さんの言うとおり、僕は馬鹿だから「忘れる」という罰を回避しなければならない。その手段がメモだった。スマホに記録よりも紙に書く方が僕には合った。

走り書きした数枚の紙キレを持って帰り、出来た文章をPCへそのまま吐き出す。下書きはショートショートで一発仕上げ。iPadも優れた機器だけれど、スピード重視ならPCのへ軍配が上がる。僕のノートはTOSHIBAの中古PC。軟弱なスペックだけれど、今では無てはならないバディです。

エンドウ豆

子育て中の皆様方にとって、誠に酷な手段ではあるのだけど、一日の間の90分だけ全てを遮断した状態を作り出す。その環境での執筆に取り組んでみては如何でしょうか?。種を撒かなければ芽は出ません。芽が出なければ収穫も出来ません。まずはひと粒、種を撒きましょう…そういう事です。

当然ながら、その間は飲食禁止。貴重な血液を胃袋に取られますよ(笑)。

タイトルとURLをコピーしました