沖縄のおにぎらず?マルヨシセンターのちゅらサンドが斜め上

ちゅらサンド マルヨシセンター香川県・うどん・遊び場
香川県・うどん・遊び場

「日頃の感謝を込めて、マルヨシセンターでは沖縄商品を販売中!」。店内に響く放送、閉店間際、お客は僕だけ、天井に設置されたスピーカー、ポカンと口を開けてそれを見る僕。南国、沖縄、三線、シーサー、めんそーれ、魚群、ハイヤ、ハッハ♪。マリンちゃんを想いながら鮮魚コーナーで立ち止まる。素早く愛猫サヨリの食料ストックを脳内で再確認。あるあるーーーサヨリさんの買い物は明日で抜かりない。

ちゅらサンド マルヨシセンター

割引、半額、幸せシールが貼られた刺身の横に、巻き寿司、お稲荷、握り寿司。更に隣におにぎらずですか?、クッキングパパ。どう見てもおにぎらずなのだけれど、商品名は『ちゅらサンド』。そこで沖縄が繋がった。どうしよう…買っとく?。記事ネタにもなるし…そんな気持ちあってちゅらサンドだけを買って帰った。狙った赤い海のキャビアは不発に終わった。

スポンサーリンク

ネットで探し出せなかった『ちゅらサンド』

半額ちゅらサンド マルヨシセンター

マルヨシセンターでマジマジと眺め、持って帰ってマジマジと見る。このハムはスパムの缶詰のハムですか?。風の便りとか、噂とか、小耳に挟んだとか…。沖縄では日常的に食べられていると。割と高級食材の部類に入ると。これがそのハムですか?。

膝の上の猫を撫でながら『ちゅらサンド』で検索しても、『マルヨシセンター+沖縄』で検索しても、Googleから明確な回答は得られなかった。唯一、沖縄のソウルフード『ポークたまごおにぎり』『ポークたまごおむすび』『ポークたまごおにびらず』の情報を手に入れた。マルヨシさん、ニューワード作った?。

予想の範疇を越えないけれど、『ちゅらサンド』は誰かが作った造語なのだろう。そして、沖縄の人には通じない名前なのだろう。だったら書くでしょ?。無いのだから。アレだ…秘密のケンミンショー!とかで、ポロリしたら目付けもん。さっきまで首を捻っていたけれど、ヨシ、元気出た。さぁ〜食べよう、ちゅらサンド。

ちゅらサンド

マルヨシセンターのちゅらサンド。1個目はハム&たまご。これは分かるけど、残りはよく分からない。いや、分からない事にして試食を進めた。結構、残ってたもんなー。恵方巻きの惨劇くらいあったもんなー。ちょっとした不安要素。その不安は後で的中する事になる。

ちゅらサンド 玉子

初めてのポーク。何度か沖縄の人に勧められたスパムポーク。いい値段だったので見送った。Twitterでの話だ。それを食べているのだと思う、多分。これは予測どおりの味だった。あっさりめのハムとたまごの相性も良かった。醤油、マヨネーズ、ケチャップがあれば何個でもドスコイな味だった。

ちゅらサンド アボカド

ここからが『未知との遭遇』(Close Encounters of the Third Kind)1978年だ。分かってる、分かっているけど、分からない。女子は、キットこう言うのが好きなのだろう。何年か前に言ってから。アボカド、アボカド、言ってたのだけれど、コレは米に合うのか?。ポテトサラダにリンゴくらい違和感があった。

食べてみた。「おっ、意外とイケるじゃん、やるじゃんアボカド」とはならなかった。食べられなくは無いけど、買ってまで欲しいとも思えない。微妙…そんな表現しか浮かばなかった。

ちゅらサンド マンゴー

そして本丸。謎の黄色。全く分からん。神田川先生なら一目で見抜くだろう。けれど、南国のフルーツの可能性だけは本能的に分かった。ひとくち食べると広がる甘さ。フレッシュの中に甘酸っぱい南風。それが舌先から鼻へと抜けた瞬間…これは無いと思った。マンゴーだ。ウーっ、マンゴー!のマンゴーとご飯が口の中で誕生日パーティーの開催中だ。

食べられない訳じゃ無い。不味いかどうかと聞かれれば「ポテトサラダのリンゴです」「トロピカルな味でした」。そう答える。「苦手です」その言葉を添えて…。だってそうでしょう?、ご飯にフルーツの組合せが苦手な味である事には間違い無いのだから。全部、ポークとたまごで良かったのに。十分満足出来たのに。

もしかしてだけれど、沖縄色を出したくて、色濃く南国やりたくて、担当者が気負った結果なのかも知れないし、実際、沖縄では、ご飯にアボカド、ライスにマンゴーが当たり前なのかも知れない。それは否定も出来ないし、否定してはダメな事。

香川のあん餅雑煮も他県では異色の存在。実はこっちも苦手。

思い込みを避ける為もあり、念のためにTwitterで質問している最中だけれど、誰からも回答が得られない状態。有益な地元情報が入り次第、追って追記しようと思う。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました