僕たちはGoogle検索に見放されたのかも知れない…

ブログあるある
ブログあるある
この記事は約4分で読めます。

終わらないね、コロナ。

いつまで続くんだろうね、コロナ。

不要不急の外出自粛な毎日が続いて彼是どれくらい経つのだろうか?。今日は何曜日だっけ?、あれ…何月何日だっけ?。春終わったっけ?。コタツの中が熱いんですけど!。もうね、コロナも終わる気配が感じられなくって、みんな家で何やってるの?。そんな日々が続きますが、みなさんお元気ですか?。

サヨリは今日も人類を救っています。

頑張れサヨリ!。

飯食って転がってるだけだけど。

スポンサーリンク

コロナ自粛なのだから、アクセスが上がるのは必然!だがっ?

人類が外へ出ないのだからブログへのアクセスが上がるのは必然。ネットに触れている時間が長くなるのだから、相対的にアクセスは引き上げられる…。それは机上の空論で、捕らぬ狸の皮算用。現実はそんなに甘くなくて残酷だ。

うん、分かってた。

去年の年末から平均検索順位下がってっから。自分でGoogle検索しても痛いほど分かる変化。それが、

個人ブログは検索順位からハブられている

という事。それは、僕のブログだけの可能性も十分あるが…。ネット界は戦国乱世状態で、一気に浮上したブログもあるかも知れない。ただ、去年から有名ブロガーたちは口を揃えてこう言い放つ。ブログはオワコンだと。これからはYouTubeの時代だよと。そう言ってサロンへの勧誘を強化していた。

僕は思う…YouTubeはブログより過酷な世界だよ。

Google検索はシンプル

Google検索の定義はシンプルで、『重要な情報を検索者に提供する』これだけだ。それだけの為に、膨大な予算とマンパワーをこれまで費やして来た。逆に僕ら個人ブログが上位表示されていた事が間違いだったのかも知れない。健康の情報はお医者様が上位に表示されるべきだし、経済の情報は経済学者や有識者。商品情報は製造メーカーが一番信頼出来る情報源。食べ歩記などの食レポレビューも食べログが上位で、晩ご飯レシピはクックパッドが上層を固める。僕ら個人ブログの出番は無いのだ。

書き手の肩書が問われる時代で勝ち目無し。

自己分析とちょっと先の未来予測

冷静に己を分析してみると、ブログ更新のモチベーションが下がった大きな原因は検索順位の低下が一番大きかった。なんせやる気が起きない、起きられない。色々と試行錯誤を繰り返すのだけれど、検索表示が上がる気配も無い状態でのコロナ騒ぎ。ここは一番、ブログ頑張ろう!とか思いながらも、書いても書いてもネットの紙くずになる気がして乗らない、気がね…乗らない。でもね、どういうワケかツイッターとインスタだけは何気に見ていて。ふと思った。

何でYahoo!はGoogleに負けたんだっけ?

その答えは簡単で、Yahoo!じゃ面白いページが見つからなかったから。Yahoo!は、ある時期からYahoo!カテゴリ登録サイトを重要視したから。ビジネスなんちゃらが始まって、その傾向は一気に加速した。逆にGoogleでは面白いページが発見出来た。お役立ちも、面白いのも、怪しい情報も見つける事が出来た。それはもう…ムフっ❤

その心理は今も昔も同じで、未来永劫変わらない人類の本能というか性癖。検索しても当たり前田のクラッカーしか出ないのなら、いずれ人は飽きるし飽きられる。Google登場時、公式情報はYahoo!、裏情報はGoogleでサーチエンジンを使い分けたように、別の何かが生まれる時代のターニングポイントに立っているのかも知れない。Yahoo!が新たな検索サービスを始めるかも知れないし、Googleだってそれに代わる何かを開発しているのかも知れない。そして、未知のプロジェクトがどこかの大学生グループによって開発されている可能性も。時代は繰り返すのだ。フェイスブックが良い例だと言えよう。僕らの知らない、何かが生まれる可能性は極めて高い。なので、やはりブロガーは更新ありきなのだと思う、来るべき時に備える為にも。

最後は人だと信じたい

お前が信じる俺でもない…カミナ

こうなってしまったら、どうのこうの考えるだけ野暮ってもんだ。その辺りは頭の良い方々のお任せしちゃおう。

アレだ…今はコロナで動けないし、このままでは「キジとら」に将来は無くって。だったら自分を信じて先に進むっきゃ無いわけで。なぁ~に、元々何も無かったのだから。ゼロから始めたブログなのだから。一からやれば良いって事。

Yahoo!の起源は大規模リンク集。ここに面白いページがあるよって、無邪気なお兄ちゃんらが作ったリンク集から始まった。それを自動化させたのがGoogle。現在では人の手を介する検索サービスは無くなって、AIで何で処理しているのが現状。逆にバズらせているのはSNS。SNSは、安定したアクセスは無いものの、誰かの一言が大きな起爆剤となり得る。そこがSNSの醍醐味でもあり面白いところ。

そう考えれば、打つ手が全く無いわけでも無い。TwitterやInstagramも使い方も分かって来たし。てか、かつての相互リンクなんてのもアリだとも思っている。

最後は人だと信じたい。

そんな想いで、今はネットのブログを読み漁っている。面白い記事があれば紹介レビューを書こうとも思うのだけれど、最近のブログ記事って…メッチャ攻めてるのが多いのね😅

タイトルとURLをコピーしました