Google検索結果 今後情報の鮮度も重要視

パソコンを見つめるキジトラ 雑記・覚書き
この記事は約3分で読めます。

「検索エンジンは人間と同じように言語を理解するわけではありません」Google検索担当副社長 (Pandu・Nayak)

うん、知ってた。

2019年8月1日(米国時間)、Google検索結果に対しフィーチャードスニペット機能が新たに追加されたと報じられた。簡単に言えば、これまでのGoogle検索結果の順位に新たなルールが加わりました的なお知らせだ。

だがしかし、Google検索結果は自分のWebサイトへのアクセス数に直接関わる問題だけに無視出来ない。僕のような個人ブロガーやサイト管理者にとって、決して穏やかな話では無いのも当然だ。そして、この問題は愛猫あいびょうサヨリのご飯代にも大きく影響を及ぼしかねない。

猫のミルクを飲む猫

さて、どうしたものか…。サヨリちゃん、あのクッソ高いミルクの本数、ちょっと減らしても良いかい?。

スポンサーリンク

Googleは情報の鮮度を重視する!

サヨリのご飯もそうなのだけれど、Webサイト作成指導という別の顔を持っている僕。この一件について、ユーザーさんから回答やら説明を要求されるのは確実。逆に

質問カモぉ〜ン!

こんな姿勢で待ってはいるのだけれど一向いっこう音沙汰おとさた無し。お〜い、皆んなぁ。生きてるぅ?。

うん分かった。取り敢えずネットニュースとかも読みましょうね。結構に話題になってたからフィーチャードスニペット。そして、もっとこっち来てみよっか…。素朴な疑問とか何とか。あ〜…プライベートの話は全然大丈夫で〜す。

という事で、僕のユーザーの皆様へお知らせするべく記事を書いています。でもね、僕の神様(ユーザーさん)、かしこまった文章で書いてしまうと絶対に最後まで読んでくない猛者ばかり。

なので、ぶっちゃけて書くね。

今回、Google神が僕らに提示したのは時間(TIME)という概念。サイトのボリューム、記事内容の重要度、加えて情報の鮮度も重要視するのじゃ〜!。そんなGoogle神からのアナウンス…いや、お告げ。でも、真面目な僕らに大きな影響はありません。そんなお告げなど考えるだけ時間の無駄なのです。

情報の鮮度を重視するという事は、新しい情報を追加して古い情報はリライト(加筆修正)を加えれば良いだけ。Webサイトは云わば自分のお店。毎日、陳列棚ちんれつだなを整理したりおトイレの掃除をするのは至極当たり前。時にはキャンペーンの告知だって必要です。それさえ出来ているのでしたら。そして、それが日常となっているのなら安全圏内。急激に検索順位を下げるような事態は避けられて然るべきなのです。

逆に長期間放置状態のWebサイトは赤信号。ウルトラマンならカラータイマーがチカチカと点滅している危険な状態。早くしないと放送時間が終わってしまう。

ウルトラにゃん

頑張れ、ウルトラマン!

早急に更新やリライトを施さなければ泣きを見る事にもなりかねません。即刻、スペシウム光線を発射しましょう。昨日まで検索1位だったのに、今朝確認したら何処からも無くなっていたなんて事例はゴロゴロ出て来そうな気配です。

  • 記事を書け!
  • 過去記事に修正を加えろ!
  • マジ卍は後回し!

Googleの思考回路、それは僕ら凡人に到底理解出来ない神の領域でマインド オブ・ザ・ゴッド。この際だから難しい事は考えずに粛々しゅくしゅくとサイト更新を繰り返せば何の問題も無いんです。

分かっちゃいるけど…でも、やっぱ気持ち悪い。

そんな得体の知れぬ不安を感じて、眠れぬ夜をお過ごしのユーザー様。兎にも角にもお気軽にキジとら事務局までお越し下さい。グッスリ眠れる安心材料を処方しょほうして差し上げます。

そんな事はどうでも良いから記事を書きにゃ〜。お父ちゃん、とっとと「キジとら」もスペシウム光線発射するのですにゃ〜。

猫のミルク

ボクのミルクの為だけに。

タイトルとURLをコピーしました