iPadのユーザー辞書でブログ執筆時間を大幅短縮!!

iPad ユーザー辞書 iPad・iPhone

11月に入って、僕のブログの1記事あたりの文字数を1000文字から2000文字に増やしたのだけれど、それは、単純に執筆時間が倍になる事を意味しているわけで。1000文字あたり1時間なのだから、単純に1日中の2時間が執筆作業に裂かれるワケです。

で、

それは時間的にも体力的にも厳しいわけで。この秋から、iPadだけで記事の更新を行なって来たけれど、あまりに苦行でパソコンに戻ろうかと本気で考えていました。どうやっても、キーボード入力には勝てませんから。ただ、iPadの機動力は捨て難く、いつでも、どこでも、誰とでもの三拍子は、慣れてしまうと魅力的なのです。コタツの中での更新も出来ないし…。

そこで、何かいい手は無いものかと。

そうそう、iPad用に購入したブルーツゥース キーボードを引っ張り出してはみたものの、それじゃ、ノートパソコンと同じなので、それならノート使うわ。って話で本末転倒。あれこれ考えていたら、思い出しましたよ、ユーザー辞書。ゼロ年代の記憶とやらを紐解くと、メッチャ使ってたやん!、IMEユーザー辞書。

インターネット初期、キーボードが打てるというだけの理由で、キーボードダーが重宝された夢のような時代。ネットの写真の表示もカク…カク…カクってね。夜中に見るとブルってた、貞子のアノ画像だって回避出来たくらいの亀表示だった頃。

仕事もチャットも高速入力可能なように、鍛えたよねユーザー辞書。顔文字全部辞書にブッ込んでた。そうすると入力文字数が俄然減るのだから、入力速度だって必然的に爆速になるわけで。

この数年、キーボード作業の仕事もやって無かったし、ブログもボチボチだったので、ユーザー辞書の存在すら忘れてたわ。コイツは使うっきゃ無いでしょ?。

という事で、

iPadのユーザー辞書を鍛える事に。よく使う単語や言い回しとタグも一緒に覚え込ませましょう!。

スポンサーリンク

iPadのユーザー辞書を鍛えると、他のiPhoneもiPod touchも鍛えられてた!

常連のみなさんはご存知ですが、僕はiPad二刀流でブログを書くタイプの人。なので、ユーザー辞書を二台分を鍛える必要性があります。悟空をスーパーサイヤ人にてからベジータもってイメージ。

ベジータのスーパーサイヤ人化は面倒なのだけれど、両方強化しておいた方が後々良さげなのでパワーアップさせます。

ちなみにiPadのユーザー辞書は、

設定 → 一般 → キーボード → ユーザー辞書

の順で開く事が出来ます。
(トップ画像がユーザー辞書画面)

さて、そこからは単純作業。

真っ先に行ったのがツイッターの挨拶文。これは後で威力を発揮。もうね、何でそうしなかったのかと思うくらいツイッターが爆速で、マッハGO!GO!かサーキットの狼かってくらい。挨拶するのが楽しくってバンバン挨拶しまくりました。おかげで1週間くらいでフォロワーさんが700〜800増えて、そっちにもビックリポン!。

さて、お次は本丸のブログ用の定型文。

思い付く限りの定型文をブッ込んで、記事を書き始めると、半自動的に入力が進んで小気味いい。合わせて入力ミスも減ったので、全体的な執筆時間は1000文字の頃と変わらないくらいに。

舐めてたね、ユーザー辞書、舐めてたわ。

あれこれとユーザー辞書にインプットしまくって、その日の修行は終了で、もう一台は翌日に鍛えるという事で。ツイッターやって就寝。

で、

翌日、ベジータ(もう一台のiPad)のユーザー辞書を開くと…同期されてるわけで。

俺もなれたぞ!スーパーサイヤ人に、俺はなったんだー!!!。

って、ファイナルアタッーーーク!してて、もうビックリ。もしやと思ってトランクス(iPod touch)も確認すると、同じくスーパーサイヤ人化してバーニングアタック出してた。

もうね、こうなっちゃうと次に買うパソコンはマックだね。エアーマック一択だよね、でも、新型iPad Proと値段が変わらないから悩みどころ。

まぁ、僕のようにiPadだけでブログの更新をされる方も少ないと思うし、ユーザー辞書なんて今更だと思うのだけれど、ツイッターでもフェイスブックでも使えますので、まだの人は是非ともお試し下さいませ。

そんな事よりお父さん、僕の出番は?

タイトルとURLをコピーしました