iPadは高齢者や初心者におススメなタブレットだと言い切れる理由

iPad・iPhone

20世紀末。

今から約20年前に行われたIT講習会を覚えていますか?、小泉内閣主導の元に行われた大規模なパソコン講習会。今で言うところのコミニティーセンターに、おじいちゃんやおばあちゃんが集まって行われた行政指導の元に行われた大規模なパソコン教室。

当時、僕はパソコン講師として参加していたのだけれど、ノートパソコンを高齢者に教えるのは根気の一文字、ただそれだけ。3歩進んで2歩下がるって歌もあるけど、歌詞の通りで全然前に進まないワケです。

我々も受講者さんも、何から何まで初めての体験で、日々、手探りの中で授業を行っていました。パソコンの電源の入れ方と切り方を1時間かけてゆっくりと説明して、次はマウスの操作方法の授業。クリックやドラックの説明をしたらソリティアで遊んで頂くのが一連の流れ。先ずはマウスの動かし方から。

みなさ〜ん、マウスを上げて下さ〜い!

と言うと、

マウスを握り締めた受講者さんの右腕が、天高く突き上げられるのですから我が人生に一片の悔い無し。もうね、全員ラオウになっちゃってるワケで。

で、

トキ兄さん達(5名のスタッフ)がバタバタと説明に走り回って、もう、世紀末。うちらの南斗五車星も奥義の限りを尽くすのですが、ずっと、生徒さんのターンで初回は撃沈。

同じような光景は、全国の講習会で目撃され、夜な夜な顔も知らない全国のIT講師達が2ch掲示板で物議を交わしたりもしていました。

後に、

みなさ〜ん、パソコン画面の中の矢印を上に移動させますから、お手元のマウスを少し前にゆっくりと出してみて下さい。少しだけで良いですからね。

と言う、マウスの説明に着地点を見出したものの、現場ではもっと細かい説明をしていたのが現状でした。マウスひとつでも最後まで悩んだ記憶が残っています。

そんな僕の記憶に残っている質問を列記してみると、

  • 何で五十音順に並んでないんだ!(キーボード)
  • コピーは良いけど、コピー機は何処にあるんだ!(コピー&ペイスト)
  • マウスがジッとしてくれない(おじいちゃんの手が常に震えている為)
  • もう少ししたら、話すだけで文字が入るんでしょう?。コレ(キーボード)覚えて損しない?(軽くオコ顔で)
  • 息子がパソコンの仕事をしているんですが、マスクして仕事させた方が良いですか?。(コンピュータウィルスが心配)
  • インターネットを買うならヤマダ電器ですか?、それともケーズかな?
  • 孫にメールを出したのに返事が来ないです(送信して1分後)

などなど。

IT講習会を通して高齢者に何かを伝える難しさを多々勉強させて頂いたワケです。

スポンサーリンク

あれから20年後はタブレットの時代

で、

20年の時が流れて平成も残すところあと僅か。IT講習会で指導させて頂いた内容も、パソコンでは無くてタブレットで行える便利な時代。普通にどんなタブレットでも、難なくこなせる商品ばかりなのだけれど、やっぱり初心者や高齢者にAndroid端末は勧められません。

以前なら価格面がネックだったのだけれど、今やiPadも射程距離の価格帯。イラストや画像処理を本格的に行うのならiPad Proクラスですが、初心者や高齢者ならiPadで十分だと思っています。

かく言う僕は、ウェブ閲覧、メール、ブログ更新、SNS、スケジュール管理、ワード &エクセル、動画視聴、画像処理、目覚ましに至るまでiPadで十分間に合っています。Apple Pencilが使える2018年版を使うようになってからは、更にiPadの使用頻度が高くなりました。

ちなみに、使い慣れたiPadが壊れては困るので、2017年版iPadに加えて、2018年版iPad &Apple Pencilをこの夏に購入。同一ユーザーとして使用しているので、片方のiPadでコピーしたものを、もう一枚側でペーストする事も可能な点が二枚持ちの大きなメリット。

もうね、デュアル画面ですわ。ホント、これ便利。兎にも角にも、格安でiPad環境が使えるのは助かります。そんな僕は、Apple信者でも何でも無いので、安くて性能が良ければ直ぐに寝返ります。今は価格が安くなったので、iPadを推しているだけ(笑)。

そんなiPadを初心者や高齢者に薦める一番の理由は、

基本的に何も出来ないから

アプリの入っていない状態で、出来る事と言えばウェブ閲覧程度。それはパソコンでもAndroid端末でも同じなのだけれど、決定的に違うのは細かい設定が出来ません。iPadは、システム上の細かな設定が出来ません。

言い換えれば、設定上のトラブルが最小限に食い止められるワケです。あっちこっち触りまくって変になっちゃうのが一番怖い。ちょっと知ってる人に触ってもらってヘンテコな状態になって聞かれるくらい辛いものはありません。最初、それが僕は嫌だったのだけれど、出来ないと言うことは、設定やメンテナンスに必要な時間が浮くので、それはあおれでアリかと。

マシントラブルも少なくて、と言うか、iPadでマシントラブルになった経験が無いので人様に勧める安心感が違います。なので、極めて初心者向きのタブレットだと僕は考えています。たまにOSのアップグレードで不具合が発生したりもするのだけれど、それは、

すぐに最新にしないで!。だいたい変な事になるからね。

って、念を押す事で回避出来る事なので。

アプリについても野良アプリが入る余地が無いので普通に安心。最初はLineとメールで十分遊んでもらえるし、ほぼほぼ、後からはYouTubeばかりを見るようになってしまうものです。

最悪、ユーチューバに目覚めたら、目覚めてしまったら、そこからiPad Proやらノートパソコンの購入をを考えれば良い事ですし、iPadでも簡単な動画編集が出来なくはありませんし。そうなったら、僕なら全力で止めますけれど…。

なので最初は、

写真や動画を撮影して、お孫さんとLineして、懐かしい動画をYouTubeで見てもらって、そこで、ブログとかSNSとかやりたかったら始めてもらう。お絵かきなんかもApple Pencilがあるので満足して使ってもらえるでしょう。

ちなみに僕が使っているお絵かきアプリはSketchesというアプリ。無料版には機能制限があるのだけれど、僕は気に入ったので課金して使っています。時間の関係で使い倒すまでには至りませんが、紙に描いているような感覚で使いやすいお絵かきアプリです。

まぁ、一番は注意するのはゲームアプリでしょう。課金が出来ちゃうので最も怖い存在です。AndroidでもiOSでも同じですが、ゲーム課金だけは絶対に手を出さないように念を押して置かないと、後で大変な事になりますから。

最後に、

冒頭でIT講習会のお話を長々と書きましたが、アナタがどれだけタブレットの知識が豊富であっても、相手がそれをガッチリと受け止めてくれるとは限りません。物凄い角度から予想を遥かに上回る行動や質問をされたりもします。出来なければ出来ないのですから、それだけでも精神的に平和に過ごせます。

これらの理由から、初心者や高齢者に勧めるタブレットはiPadが安全策だと思います。こんな記事を書いてもAppleから1円も頂けはしませんけどね(^_^;)。

タイトルとURLをコピーしました