表示されなかったアドセンス広告が素早く表示されるまでに要した時間は3日

表示されなかったアドセンス広告が素早く表示されるまでに要した時間は3日インターネット・SNS・ブログ
インターネット・SNS・ブログ

思うところあってブログの更新を止めた。夏休みでは無くて、実働時間に縛られてしまったからだった。過ごしやすいとは言え夏は夏。気温に体力を奪われて思うようには記事が書けない。仕事内容を記事にするのは簡単だけど、むしろ、面白い話満載だけれど、一応ね、守秘義務なんてものがあるから…それは大人の事情だ。

水に濡れたアンパンマンと同じで力が抜けてチカラが出ない。考えは纏まらず、ネタも思い付かず、如何にもこうにも記事化出来ない。頭がレベッカのフレンズ。どこで壊れたのみたいな。諦めてフリック入力の修行読書に時間を当てる事にした。これは後に役に立った。

それと同時にYouTubeなどのネット動画も封印。膝の上には愛猫サヨリ。ヘッドホンからはイギリスに降る雨。ミッション「WON’T BE LONG」発動週間。足りない頭なら 書籍から知恵を盗みゃいい。そんな日々がひと夏続く。忍川、シッダールタ、小説家になって億を稼ごう、チョコレートの歴史…割と読めたと思う。そして今は日本沈没(上)。色んな意味で脳へチャージが出来たと思う。

小説家になって億を稼ごうはブログを書く上でかなり参考になった。作者はミドリの猿事件でお馴染み『千里眼』の松岡圭祐先生。小説界の億り人。その手法は説得力があり、かつ、具体的だった。

スポンサーリンク

やっぱりね、そうだよね、新記事にアドセンス広告が表示されない問題

と言う事で、先日からブログを再開させたのだけど、新記事へのアドセンス広告配信が始まるまでの時間が長かった。短くとも24時間は安定しなかった。内容によっては48時間…。こんなんじゃTwitterでお知らせ出来ないやい!。

だからケジメなさい、つーて、ケジメなさいアナタって、頭の中で口を酸っぱくしてマッチが言ってたのにね。今思えば少しづつでも記事を書いときゃ良かったと思う。

でもそれは、休んだ結果のペナルティ。クローラーが訪れる周期が長くなったのだ。それは想定の範囲内。知ってて休んだ自分が悪い。いづれ元に戻るだろう。クロール周期は更新頻度に比例するのだから。

慌てず、焦らず、淡々と。更新の積み重ねを再開。記事投稿から広告配信までのタイムラグ。僅か3日で以前のように戻った。1〜2時間は必要だけれど…。正直なところ、1ヶ月ほどの覚悟をしていたのだから嬉しい誤算だった。

夏が過ぎて、秋が過ぎると、空気が乾燥して風邪やインフルエンザが流行る季節。流行り病もこの先どうなるのか不透明。必然的に外出を避ける日々が続く予感。

これからは記事を書き溜め、年を越す準備に取り掛かろうと考えている。この際、SEOはど返しで。アクセスは書いた足あとに着いて来るものだと思うから。更新頻度が最優先です。

タイトルとURLをコピーしました