僕の人生のベクトルを変えた最高の肉じゃがの話

肉じゃが グルメ

うまっ!。

何これ、こんな肉じゃが食べた事無い!。もうね、激ウマ!。アナタ、良いお嫁さんになりますよ。やっぱり肉じゃがは男爵じゃ無くっちゃね。

学生時代、友人の家で食べた肉じゃがの味。

その味は今でもナンバーワンで、僕の中の不動の1位の座を決して譲らないのだけれど、好奇心旺盛で料理なんか出来なかった19歳の僕からすれば、もうね、究極とか至高のメニュー。

もうね、
この場の主役は男爵で、やっぱり肉じゃがには男爵が適役で、メークインはカレーにでも入ってな!。

そんな感じ。

ぶっちゃけ、肉じゃがに入れるジャガイモは男爵でもメークインでも馬鈴薯でも構いはしないのだけれど、ホクホクの肉じゃがを食べたいとなれば話は別で、男爵芋が一番美味しいと思うのです。

まぁ、ジャガイモを煮崩れさせないという手間が必要になりますが、そこはそれ、愛情ってやつでカバー出来るんじゃないかな?。

で、なんつーの?。

粉を吹いた男爵と出汁とのコラボが絶妙で、当時はコラボって言葉も無かったから、男爵と出汁とのコンビネーションが抜群だったわけ。それはもう、僕が生まれて初めて生クリームのケーキを食べた時以来の衝撃。

軽く人生のベクトルが変わった気がした、そんな味。

バブル期以前の話だけれど、アレだ…。肉じゃがって言うのは、思春期の男子にとって、ただの食べ物じゃなくって、彼女の作った肉じゃがというのがある種の夢みたいなもの。そんな神聖な何かを感じる料理が肉じゃが。その出来で女子力を計るみたいな風潮もあった1980年代。

こんばんは。
キジとら(@kijitora_sayori)です。

もうね、みんなは何かを食べて感動した事ありますか?。今回は、人生最高の肉じゃがのエピソードと幻の肉じゃがレシピを書いてみようと思います。まずは、奇跡の肉じゃがとの出会いから。

料理人は友人のお母さまぁ~!。

ウメー、ウメー。

肉じゃがにむさぼりつく19歳の僕。ヤギのようにウメー、ウメーと鳴くばかりで、僕の親が見たらどう思うだろう?。ってくらいウメー、ウメーを連発。

肉じゃが好きなの?。

好きじゃないけど、この肉じゃがは美味しいです。
ウメー、ウメー、激ウメーーーー!。

もうね、そこからはずっと僕のターン。

美味しいものを美味しく食べているだけで、肉じゃがの以外にも色々出てきたけれど、肉じゃがばかり食べていたら、最後は必殺のメロンが出てきたよ。

1980年代のマスクメロンは貴重品だったのです。

でもね、

このクッソ美味い肉じゃが。僕がこのまま手ぶらで帰るわけも無くって、

肉じゃがの材料とか作り方、教えてもらえませんか?。

僕も自炊してみたいから…。
彼女いないし…。

って聞いてみたら、快く教えてくれたよ究極の肉じゃがの作り方。今まで何度もチャレンジして、一度も再現出来た事は無いのだけれど、あのホクホク…死ぬまでにもう一回食べてみたい味なのです。

スポンサーリンク

まぼろしの激ウマ肉じゃがの作り方

総菜の肉じゃが

これはお惣菜の肉じゃがじゃないですか!。
まさかこれを幻ぃ~って呼ぶんじゃないでしょうね?。

そんなワケないだろ。
適当なイメージ写真が無かったから、手持ちの総菜の写真を使ったんだよ。

ところで幻ぃ~ってIKKOさんかい?。

激ウマ肉じゃがの材料

  • 男爵イモ
  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • 牛肉
  • 糸こんにゃく
  • しょうゆ
  • 出汁

激ウマ肉じゃがの作り方

  1. 鍋を二つ用意します。
  2. 片方の鍋でじゃがいもが入っていない肉じゃがを作ります。
  3. もう片方の鍋で小吹芋を作ります。
  4. 最後に小吹芋の入っている鍋に2の具材を入れ、30分ほど馴染ませて、温め直して出来上がり。

ホクホクの小吹芋に味付けする感覚で仕上げるのがコツなのだとか。普通に美味しく作れるのだけれど、やっぱり何かが違うので、僕にとっては幻の肉じゃがレシピなのです。

カレーライスで男爵を使う時、じゃがいもは油で揚げてから

お母さんは完全男爵イモ派らしくて、カレーもシチューも男爵イモを使うのだそうで、男爵芋を油で揚げてからカレーなどを作るとじゃがいもの煮崩れを防げるのだそうです。

あの日以来、僕も男爵芋派。
カレーの時にはこの手を使わせてもらっています。

※カレーの写真は粘土で作ったフェイクフードなので食べられません。

「鉄板メニューはこれ!男性が結婚を意識する料理5つ」みたいなのは信じない方がよろしいかと

’鉄板メニューはこれ!男性が結婚を意識する料理5つ’

ってのはニコニコニュースの題名で、2017年の7月に投稿された記事なのだけれど、これはあんまり・・・。

というのも、

記事を書いたライターさんというのが女性だったというのが大きな理由。まぁ、男女ともにお互いの心理が理解し合えないのは、ソクラテスの時代から全く進化していないのですから当たり前。それ故に未だ永遠の謎とされているわけです。そんなの分かったらノーベル賞ものですよ、実際。

で、

ぶっちゃけ固定観念があった昭和ならいざ知らず、平成も終わろうとしている昨今、男の胃袋を掴む料理なんて何でも良いわけで。例え卵焼きでもTTG(卵かけご飯)でも全然オッケーなのが男心。

最初は自分の得意な料理とか一生懸命作った料理で十分男は落ちますって。

そう、最初だけの話ですけれど….。

タイトルとURLをコピーしました