猫あるある?僕のズボンは左側だけが破れます

僕のズボンは左側だけが破れますうちの猫の話
うちの猫の話
謎のお姉さん
謎のお姉さん

何で左が足だけ破けてるんだい

それファッション?

ファッションのつもりだったら

似合ってないから、ダサいから

お父ちゃん
お父ちゃん

あ~コレね

ファッションじゃないから

ファッションじゃなくて愛だから

コロナ禍であっても仕事へ出る日だってある。行く先々で「良いジーンだね、高かったろ?そういうの?」「今はそんなの流行ってるのかぁ~」。遠回しだねぇ~社長さん。言いたい事は重々分かっている。「今日のネイルも綺麗だね」と同じ意味だと知っている。嫌味だろ?。でもね、汚れ仕事だから良いじゃんとかも内心思っている。「先行き不透明過ぎてズボンひとつ買う勇気が出ないんですわぁ~」ではぐらかす。火のない所に煙は立たぬ。原因無くして結果は出ない。僕の左足のズボンが破ける要因だって明白だ。真実はいつもひとつ。

スポンサーリンク

ジーンズ、作業着、左足を付け狙うハンター

僕のズボンを付け狙うストーカーはこいつで、

カリカリ―――。こいつで、

カリカリカリ―――こいつ。今日も得意げだね、サヨリさん。

そっと背後から忍び寄り、必ず左側の太ももにカリカリ。カリカリ、カリカリ、カリカリと、抱っこするまで続くカリカリ。キチンと爪は切っているものの、猫を侮るなかれ。思えば通じるで、分厚いジーンズでさえ時期に切り裂く。ユニクロじゃない方のジーンズ。先日、穴が開きました。

あの、馬か牛か知らないけれど、二頭に引っ張らせても破れないジーンズに風穴を開けられてから心が折れる。猫はリーバイスよりも強し。今度からはユニクロのジーパンで十分だ。使い捨てで本望だ。

サヨリさん
サヨリさん

爪を切られても

ボクは無敵にゃ!

強さと言えばワークマン。ガテン系のユニフォーム。作業着なら大丈夫。作業服は耐久性が命なのだから。それも難なく突破される。数ヶ月の時間を費やし、僕のズボンに穴をあける。てめェのペースで、やりゃいいんだよ。

「自分」を殺すな。銀さんの名言どおり猫がそれを実行した結果、太ももに小さなほころびが出来た。そして、次からその穴めがけて総攻撃。うちの猫は知能犯だった。だから僕のズボンは穴あきなのだ。お尻を狙われないだけまだマシだと言えよう。愛ゆえの我慢がそこにはあった。そろそろ、新しいのを買うかな…。

猫はハンター…そういう事です。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました